存在が信じられない不思議なプール8選

 プールといってどんなものをイメージしますか?

 おそらく、学校にあった長方形のプールを思い浮かべたと思います。

 確かに、あのプールも悪くはないのですが・・今日の動画を見たら、あのプールに入れなくなってしまうかもしれません。

 今回は、そんな人生で一度は行ってみたいプールを8つご紹介いたします。



    スポンサードリンク

8.ゴールデンナゲット/golden Nugget

(image..booking.com)

 ラスベガスにあるゴールデンナゲットホテルには、魚の泳ぐ巨大な水槽の真横にプールがあります。

 泳いでいると、まるでたくさんの魚と泳いでいるような、不思議な気分を味わうことができます。

 2階に上がると、ウォータースライダーが取り付けられており、滑る降りると、魚やサメの取り囲む水槽の中を通り抜けることができます。

 こんな体験ができるところは、他にありません。

7.ゴールドエナジープール/Gold energy pool

(image..booking.com )

 中国の、ラサ・セントレジスラサリゾートにあるこのプールは、渋すぎる龍の壁紙に、味のある木材、ライフガード色に光る温水プールが特長です。

 プールがこのようなライフガード色をしているのは、金のタイル張りになっているためです。

 温度は、26~28℃の温水プールになっており、大人の落ち着いた雰囲気が漂っています。

6.エンバシーガーデンズ/Embassy Gardens

(image..booking.com)

 エンバシーガーデンズは、ロンドンにある高級マンションです。

 そのマンションの10階テラスを橋かけするようにデザインされたこのプールは、地上35メートルの高さにあり、長さ約27メートル、幅約6メートル、深さ約3メートルと規模の大きいプールになっています。

 透明なガラスでできた底の厚さは、約20cmになっており、泳いでいると下が透けて、まるで空を飛んでいるような感覚を味わうことができます。

 それだけに、このマンションの値段は高く、1部屋1億1000万円以上にもなるそうです。

 平日の昼下がりに、忙しく働くサラリーマンを上から見落としながらの平泳ぎは、優越感満載です!

5.パレ・ロウル、モロッコ

(image..booking.com)

 マラケシュ市に位置するホテル「パレ ロウル」にあるプールは、まるでタイタニックの映画の中に入り込んだかのような贅沢で優雅なプールです。

 ホテル内のアンティーク一つ一つが鮮麗されており、「本当にこんな素敵な場所でクロールやバタアシをしていいのか躊躇してしまうくらい」素敵なムードが漂っています。

 まぁ・・たぶん・・バタアシはしないほうがよさそうですね。



スポンサードリンク

4.ジオラ・ラグーン/Giola Lagoon

(image..wordpress.com)

 ギリシャのタソス島には、岩壁に自然にできた天然プールがあり、少し高い岩山からダイブするのが定番です。

 すぐ近くには海もあり、そこから見える景色は、格別です。

 ホテルに併設されているわけではないので、砂利道を通ってたどり着かなければいけませんが、それだけの価値はあります。

3.ジェンガプール/jenga pool

(image…homedit.com)

 まるでジェンガを積み上げるようにして造られたこの家は、高速道路の地下道と同じように、コンクリートの梁(はり)が使用されており、わずか7日間で作られました。

 最も印象的なのは、やはり空中に浮かぶこの細長いプールでしょう。

 端まで行くのはいいですが、落ちないように気をつけてくださいね。

2.ザ・ジュール、アメリカ・ダラス

(image..virates.com)

 アメリカ・ダラスにあるホテル「ザジュール」の屋上から2.4メートル突き出たこのプールは、床が透明にはなっていないので、浮遊感はあまりありませんが、それでも正面がシースルーになっており、先端から顔を出すと、眼下に、ビルに囲まれたダラスの街並みと、車の流れを見ることができます。

 みんなが忙しく働く上空で、ゆったりとプールに浸かるというのは、なんだか不思議な感覚になりますね。



    スポンサードリンク

1.グランドワイレア/マウイ島

(image..www.oyster.com)

 ワイレア・キャニオン・アクティビティ・プールは、9 つの様々なプールエリアが併設されており、子供だけでなく、大人も楽しめるプールになっています。

 ウォータースライダーに乗って様々なエリアへ移動できるだけでなく、滝や、全長600 mのプールなど、様々なアトラクションがあるので、一日中いても飽きることはありません。

 そして、ここにきたら絶対に乗っておきたいのが、ウォーターエレベーターです。

 このようにみんなが輪になっているところに、水が流れ込むことで、座席がエレベーターのようにゆっくりと上昇していきます。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け