お金持ちはやらない貧乏人だけがやっていること8選

 ほとんどの人が、将来お金持ちになりたいと思っていますよね?

 この世の中のお金持ちや、貧乏な人を研究していた科学者は、両者の様々な行動の違いに気がついたそうです。

 これからその内容を解説していきますが、もちろんこれらのルールに当てはまらない例外もたくさんあります。ですが、将来こういった習慣や行動パターンを知っておけば、お金持ちになるヒントを得られるかもしれません。

 今日は、そんな貧乏人だけがやっていることを8つ解き明かしていきましょう。



    スポンサードリンク

8.貧乏な人はテレビをよく見る

 内容のないテレビで人々がどれくらいの時間を無駄にしているかは、図り知れません。

 私たちは、小学生になる前から、毎日テレビをみるような習慣を植え付けられてきましたが、貧乏になりたくなければ、どこかのタイミングで、このテレビから脱却したほうがいいでしょう。

 有名人のゴシップネタやドラマ、悲しいニュースは、あなたの人生に何の価値も与えてくれませんので、テレビを見ている時間を、自分のやるべきことに費やしてみた方がいいでしょう。

 Youtubeにも気をつけて下さい。

7.貧乏な人はローンを組む

 貧乏な人とお金持ちの人の違いの一つは、お金の使い方です。

 お金がない状態で、ローンを組んでまで、大型テレビや一軒家、最新型のiPhoneを買うのはお金の無駄使いになります。もちろん、有名YoutuberのようにiPhoneを浴槽に投げ入れて300万再生とれるのでしたら、買っても十分に元がとれますが、新型iPhoneや大型テレビが利益を生むために必要でない限り、欲しいという気持ちだけで、ローンを組むのは得策ではありません。

 キチンとお金を稼いでから買いましょう。

6.貧乏な人はファスト・フードを食べる

 健康は人生において本当に重要なことですが、貧乏な人の多くは、健康的な食事に興味を持っておらず、栄養価のない砂糖水と脂肪を体に詰め込んでいます。

 これでは自らの持っている潜在能力や才能を台無しにしているようなものです。

 健康でないと、精神的にも肉体的にも不安定になり、仕事や恋愛においても悪影響を及ぼします。

 真夜中のピノに気をつけて下さい。

5.貧乏な人は若いうちに子供を多く作る

 荒れそうなテーマですが、ズバッと言っちゃいましょう。

 あまり知られていませんが、子供を一人育てるのに、約2800万円のお金がかかります。子供を授かることは、人生をよりよくしてくれますが、どれだけのお金がかかるのかもよく知っておかなければなりません。
実際に、貧乏な人々は、お金持ちに比べて平均的に多くの子供を、若い年齢で出産している傾向にあります。

 一方、お金持ちの人々は、子供のための生活環境や生活水準が整うまで待ってから、結婚している人が多いのです。

 赤ちゃんを育てるだけでも精一杯なところに、お金の問題まで生じると、とても大変なので、念頭に入れておかなければなりません。



スポンサードリンク

4.貧乏な人の周りには貧乏な人が集まる

 類は友を呼ぶといいますが、貧乏な人の周りには、貧乏な人が集まってきます。

 貧困から脱出するには、あなたを鼓舞し、モチベーションを高めてくれるような、人物が必要です。

 若いころからずっと同じ友達、同僚、知り合いと行動してきたのだとしたら、寂しさを堪えて、一度抜け出してみると、良い方向に進むかもしれません。

3.貧乏な人はセール品を買う

 考えてみれば分かると思いますが、セール品というのは、お金持ちが欲しがらなかった売れ残り品、ということです。

 セール品を身に着けることによって、正価で支払う余裕がないということを示していることになります。お金持ちになればなるほど、値段ではなく質や、自分の中の価値観を重要視するため、セール品には全く興味を示さないという傾向にあります。

 セール品に飛びつく前に、今一度考えてみましょう。

2.貧乏な人は運の悪さを人のせいにする

 自分の運の悪さを人のせいにしたり、やたら言い訳をする人っていますよね。

 しかしほとんどのことは、自分のせいなのです。

 自分の人生を築くのは自分です。誰と付き合うのかも、何を食べるのかも、どこで働くのかも自分で決めます。

 不満があれば、変えることが出来るのも自分しかいないのです。

 何か悪いことが起こったとき、貧乏な人は被害者のふりをして騒ぎ立てますが、お金持ちは何故そうなったのかを究明し、今後二度とそうならないように対処します。



    スポンサードリンク

1.貯金をせず、お金がなくても使う

 この世の中には、誰かにお金を借りてまで使ってしまったり、返せる見込みがないのに、カードでなんでも買ってしまう人がいます。

 もちろんこういう人は、お金が貯まりません。またそういう人は貯金をしていないのも特徴です。

 もし、まったく貯金がない状態で、事故や、大きな病気をした場合、物を売ったり、借金をしてでも支払わなければなりません。

 逆に、人生において大チャンスが到来したとします。お金持ちには貯金があるのでそのチャンスに投資して大成功を収めることが出来ますが、貧乏な人は貯金がないために、せっかくのチャンスも上手く活かせないのです。

 お金持ちはよりお金持ちになり、貧乏な人はより貧乏になってしまうのはそのためです。

スポンサードリンク

  1. やったよ俺は全部当てはまらないぜ
    どーりで貯金が130万円もあるわけだ

  2. ミリオネアかビリオネアかでまた変わってくるなー
    ビリオネアはソシャゲやらないがミリオネアはアホほど金つっこむやつがいる

  3. ローンはお金が有っても組むので間違い。
    一括で払えても税金や補助金対策でローンを組むのはごく当たり前。
    そもそも本当に貧乏ならローンが組めない。

  4. いやローンはただの借金だろ。割賦手数料余分に払わされるようなこと金持ちはせんて。

  5. 当て嵌まる条件が無いけど、貧乏だな
    10年で大病と大怪我を経験したからだが

  6. 利息より運用で増やせる方が多いなら借りるほうが得という考え方もある。

  7. これをやったから貧乏人になるのではなく貧乏人だからこれをやっているのであって辞めた所で金持ちになるわけではない。
    なにが言いたいのかよく分からない記事だ

  8. この記事を書いたのは若くて思慮の浅い人物だな。
    突っ込みどころが満載だ。
    世の中全体が金持ちになれるとでも言うつもりか?
    ローンを組む人、子だくさんの人、等いろんな人がいるから世の中成り立ってるんだ。
    バブル期じゃあるまいし、幻想を抱きすぎ。

コメント