リコールされた危険なおもちゃ8選

 お店で販売されているおもちゃは、子供が誤った使い方をした場合にも事故や怪我を起こさないように考えて作られています。

 しかしそれでも、様々な理由から販売禁止や回収になってしまったおもちゃも多く存在しています。

 今回は、そんなリコールされた危険?なおもちゃを8つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.子宮のぬいぐるみ

(image..pinterest.jp)

 ぬいぐるみはどんな子供にも人気のプレゼントですが、I HEART GUTS社(アイハートガッツ社)が製造したものは、子宮をモチーフにしたおもちゃです。

 この商品に対して、誰かが不適切だと苦情が殺到して回収された訳ではありません。

 実はこの子宮型のぬいぐるみは、小さい子供が喉につまらせ窒息する可能性があると指摘されて回収されたのです。

 今、このおもちゃは事故が起きない様に、形を変えて作り直されました。

7.キャベッジ・パッチ・キッズ

(image…rebelcircus.com)

 1983年頃にアメリカで大流行になった「キャベッジ・パッチ・キッズ」は、キャベツから生まれたという設定のかわいらしい人形です。

 その中でも「スナックタイム・キッズ」というシリーズでは、モーターが回転して、プラスチック製のフライドポテトを「食べる」という仕掛けがついていました。しかし、この人形の口に3歳の子供の髪の毛が巻き込まれて、引きちぎられるという事故が発生してしまったのです。

 これを受けて、発売から1年後の1997年に、約50万体が回収されることになりました。

6.CSI 指紋検出

(image…rebelcircus.com)

 このおもちゃは、指紋を採ったりして、刑事ごっこを楽しむことができるおもちゃです。

 しかし、この指紋検出に使われている粉には、アスベストが使われており、肺がんになるリスクが指摘されたのです。しかしそれが発覚した時、ちょうどクリスマスシーズンだったため、製造元は売り上げを伸ばすために、指摘を無視して販売停止を断ったそうです。

 その20カ月後、訴訟運動によってこの危険な商品は、回収されることになり、製造していたメーカーは倒産することになりました。

5.オースティン・マジックピストル

(image..thetruthaboutguns.com)

 「オースティン・マジック・ピストル」は、銃の中に炭化カルシウムが入っており、そこに少量の水を入れて、大きなピンポン玉を発射するというユニークなおもちゃです。

 しかし、実際に発射してみると、ものすごい爆音と共に、火花を散らしながら凄まじい勢いでピンポン玉が発射されます。

 子供が使うには、あまりにも危険だったため、市場からすぐに姿を消しました。



スポンサードリンク

4.アクアスウィムスクール

(image…cpsc.gov)

 2009年にアクアレジャー社から子供向けのゴムボートが発売されました。

 こちらの問題点は、足を入れる2つの穴のシートが裂けて、子供が溺れてしまうということでした。

 その報告は、31件にも登り、実際にこの問題が、確認されると約400万個を超える製品が回収され、安全委員の調べでアクアレジャー社はこの事故の危険性を知っていながら6年も何もしなかったとして、約7000万円もの支払いを命じられました

3.おもちゃのペンギン

(image..growingyourbaby.com)

 この純粋な目をみてください、この一見なんの問題もなさそうなペンギンのおもちゃは、触れば音がなるといったものです。

 ところが、1人の子供が中身がどういう構造になっているのかに興味を持ち、このペンギンの頭を引っこ抜くと、中から尖った鋭い釘が出てきたのです。

 これが問題となり、製造会社は2008年に3000個の無実のペンギン達を回収することになりました。

2.ウォーターバルツ

(image..publichealthwatchdog.com)

 このビーズのような小さなボールは、ウォーターバルツといって、水に浸けておくと何十倍にも膨れ上がるというおもちゃです。

 一見何も問題がなさそうに見えますが、乳児が誤ってこのウォーターバルツを飲み込み、あやうく腸が破裂する事態となりました。この赤ちゃんは手術によってウォーターバルツを取り除いたことで、なんとか一命をとりとめました。

 誤飲から致命傷に繋がる問題が明らかになると、この商品は回収されることになりました。



    スポンサードリンク

1.ギルバートのU-238 原子力研究所

(image…rebelcircus.com)

 うーん・・確かに危険そうな匂いのするこちらのおもちゃは、自宅でも子供が原子力発電所を楽しむことで、少しでも興味をもってもらえるように作られました。

 しかし、おもちゃにはウランが付属しており、それによって子供たちが放射線源を摂取することが懸念されたため、1年足らずで店頭から回収されることになりました。

スポンサードリンク

  1. こんなの大したことないよ
    youtubeで見た爆笑問題の「タイムマシン」が最強
    あんな危険なおもちゃ、なんで発売されたの!プンプン!

  2. 最後のはヤベーだろww
    誤飲より集めて精製すれば個人で核兵器持てるわ

  3. >ウォーターバルツ
    昔水でめっちゃ膨らむキン消しか何かあったな
    同じ素材なんだろうな

  4. アトムってアニメもあるしアトミックエネルギーも問題ないよ!

コメント