驚愕の直腸レントゲン写真8選

救急医療の現場では、お尻に様々な異物が入ってしまい、抜けなくなって救急搬送されてくる患者は珍しくないそうです。

の中でも特に「なぜこんなものが?」というような驚きのケースを8つ紹介します。

くれぐれも真似しないでくださいね!



    スポンサードリンク

8.鍵

(image..top10king.com)

どこを探しても見つからない車の鍵、案外お尻の中にあるかもしれません。

7.不発弾

(image..well.com)

ロンドンに住む軍人のお尻から見つかったものはなんと不発弾でした。

彼はひどい痔に悩まされており、手ごろにあった弾薬で痔を押し込んでいたのですが、ある日奥まで入りすぎてしまい、緊急搬送されました。

6.ピーナツバターの瓶

(image..journals.lww.com)

なぜピーナッツバターがここにあるのか、そしてなぜ入ったのか?

謎は深まるばかりです。

5.香水瓶

(image..well.com)

39歳の男性弁護士のお尻から見つかったものは香水の瓶です。

実はこの男性がこの香水瓶をお尻に入れたのは初めてではないそうですが、この度ついに抜けなくなってしまいました。

無事、病院で取り出すことができました。

しかしなぜ入れたのでしょうか・・。



スポンサードリンク

4.着信中の携帯電話

(image..dailycognition.com)

こちらもジョージア州に住む弁護士の男性のお尻のレントゲン写真です。

彼が転倒した際に偶然お尻に携帯電話が入ってしまったそうです。

手術中も携帯電話は数回着信があったとか・・。

3.グラス

(image..top10king.com)

乾杯!

2.懐中電灯

(image..top10king.com)

きっと鍵を探すために懐中電灯を使ったのでしょう、お尻の中は暗いですからね。



    スポンサードリンク

1.ミニカー

(image..top10king.com)

こちらは事故で起きたものではなく、スタントマンのリャン・ダンさんがテレビ番組で行ったもので、ミニカーを自分のお尻に自身で入れた際の写真です。

スタントマンって本当に大変ですね。

スポンサードリンク

コメント