恋人との関係を上手く続ける方法9選

 好きな人と晴れて付き合うことができたとしても、関係を長く続けることはなかなか難しいですよね。

 今のパートナーできればずっと一緒にいたいと少しでも思ったことのある人は、今回ご紹介する、関係を長く持たせる9つの方法を心に留めてみてはいかがでしょうか?

 恋人だけでなく、家族や友人との関係に応用できます。



    スポンサードリンク

9.ネガティブな言葉を使わない

(image..pixabay.com)

 常に不満や愚痴を漏らしていたり、不機嫌な態度は空気を悪くさせ、一緒にいる人との関係もだんだんとぎこちなくなっていきます。「自分なんか・・」「どうせ・・」「どうでもいい」などのネガティブなワードを言っている場合は、注意して、常に元気に前向きでいることにフォーカスしてください。

 そういう人は、パートナーから見ても、魅力的な人間になります。

8.依存しない

(image..pixabay.com)

 お互いに負担になったり、依存しあったりする関係は良好とは言えません。

 お互い一緒にいて幸せといえる関係を作るためには、個人個人がしっかりとした自分の軸を持って接することが大切です。

 恋人の好きなもの、嫌いなものをわざわざ完璧に同じように好きになったり、嫌いになる必要はありません。価値観を共有して同じ感情が得られなくてもそれで良いのです。

 「お前がいなくても困らないけど・・一緒にいたほうがより良い」という関係を築ければ、パートナーと一緒に過ごしながらお互いを高め合っていけるはずです。

7.相手のニーズを見極める

 いくらパートナーといえど価値観や考え方は全く違います。どうすれば関係をよく保てるのか、何をどうしてほしいのか、全て違う考えを持っていることを理解しましょう。

 相手は人形や所有物ではないので、無理に考え方や行動を変えさせるのはお互いに良いことはありません。何をどうしてほしいのか、しっかり話し合い、それが受け入れられるものか、実現可能なのかを見極める必要があります。



    スポンサードリンク

6.感謝の気持ちを表す

(image..pixabay.com)

 パートナーがいるのであれば、定期的に相手にどれだけ感謝しているか、一緒にいることがどれほど嬉しいか、どんな気持ちにさせてくれるのか、などをしっかりと言葉で表しましょう。

 「ありがとう」や「ごめんなさい」などを忘れる人がいますが、これは非常に危険です。

 細かいことにもしっかりと感謝の意を示すことが大切です。

5.言葉に気をつける

(image..pixabay.com)

 「言葉は剣よりも良く切れる」という表現もありますが、嘘や誹謗中傷などは一旦言葉にしてしまえば取り返しのつくものではありません。

 そのため、とにかく口を開くときは、常に相手にとってどうなのか?もイメージしましょう。

 特に感情が高ぶってしまった時などは、取り乱して暴言を吐いてしまう方は危険です。

4.リスペクトを表す

(image..pixabay.com)

どんな関係でも尊敬しあえることが大事です。尊敬を表すということは同じ価値観を持ち、相手を支持するということを表すことができます。

 しっかりと相手をリスペクトしていることを言葉に表し、時に自分と違う意見や価値観を持っていたとしても尊重することが大切です。



スポンサードリンク

3.相手に共感、理解しようとする

(image..pixabay.com)

 誰にでも気分が落ち込んだり、不安になったり、悲しくなることはありますよね。そんな時に「相手が何を求めているのかを察してあげることが大切です。

 場合によっては、そばに寄り添って元気付けることが大切ですが、一人にしてあげる時間を作ることも時には重要です。

2.一緒に思い出を作る

(image..pixabay.com)

 一緒に旅をしたり楽しい時間を過ごすことは、二人の距離を縮めてくれます。

 旅や、ダンスに音楽、様々なアクティビティなど楽しいことを一緒にしましょう。

 そして写真を撮って思い出としてしっかり残しておけば、いつでも楽しい話に戻ることができます。

1.マンネリさせない

(image..pixabay.com)

 日常的な生活があまりにも続いていくと関係がマンネリすることがあります。良い関係を続けていくために、なんでもない日でも小さなサプライズなどを心がけたり、新しい服を着たり、普段はしない会話をするなど、マンネリ化しないための工夫を、二人の生活に取り入れていきましょう。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント