海で見られる不思議な現象8選

私たちは、波があり魚の泳ぐ美しい海を見慣れてきましたが、海にはまだまだ私たちの知らない神秘的な出来事に溢れています。

今回はそんな海で見られる不思議な現象を8つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.バイオルミネセンス

(image..phys.org/news)

インド洋では、稀に光る海を見ることができます。

この現象は、バイオルミネセンスといわれており、海の中にいる微生物が、化学物質を分解する際にわずかに発光することによって見ることができる現象です。

あの美しい光の正体は、微生物だったんですね!

7.アカガニの大移動

(image..christmas.net.au)

インド洋に浮かぶクリスマス島には約1億匹以上のアカガニが生息しています。

それだけならまだいいのですが、大量の数のアカカニが毎年産卵するために大移動を行うのです。

こうなると町中がカニだらけで生活しずらいのですが、このカニの行進が始まると、島に住んでいる人たちは1週間道路を通行止めにしてカニに道を作ってあげるそうです。

6.カプーチノコースト

(image..anzevino.wordpress.com)

この泡だらけの波は、海の中でマジックリンをぶちまけてしまったわけでも、メントスコーラをやったわけでもありません。

この現象は、海の中のゴミや塩分、植物、死んだ魚などが嵐で複雑に混ざり合って奇跡の配合になった時にのみ発生します。

見ているとダイブしたくなってきますね!

5.水の中のミステリーサークル

(image..cestovanie.aktuality.sk)

日本の海の中には、ミステリーサークルがあることを知っていますか?

この奇妙な現象はフグのオスがメスを誘惑するために美しい円を作っているのです。

オスのフグはこの円を作るのに約1週間を費やし、波にかき消される前に、傑作を作り上げます。

フグは海の芸術家だったんですね!



スポンサードリンク

4.打ち上げられた巨大なクジラ

(image..dailymail.co.uk)

2014年にニューファンドランドで打ち上げられたクジラのように偶然浜辺にクジラが打ち上げられることがあります。

ほとんどのクジラが迷い込んでしまうか、波にさらわれてきてしまうのですが、大きな生き物が死んでしまった後の処理はとても大変です。

重さは何十トンもありますので動かすこともできませんし、ほっておくこともできません。

唯一してやれる事といえば残酷ではありますが死体を爆発させる事なのです。

3.赤潮

(image…news.mastakongo.com)

赤潮は、プランクトンの異常増殖によって、海や川、湖が赤く変色する現象です。

プランクトンは、カロテノイドを発生させるので、赤く見えています。

わずかであれば問題はありませんが、あまりにも増えすぎると、水中に含まれる酸素の量が減ることで、魚や藻に悪影響が引き起こされます。

これだけ赤いと怖いですよね!

2.ブライニクル

(image..physics.ox.ac.uk)

北極や南極の非常に冷たい海中で、つららのような形の凍結が起こることがあります。

このブライニクルと呼ばれる現象は、稲妻のように海中を切り裂き、触れた生物を死に至らしめるとして、「死のつらら」と呼ばれることもあります。

海水中に極めて低温の塩水が流入した際に起こる自然現象です。



    スポンサードリンク

1.海と海が出会う場所

(image..funnydonia.com)

デンマーク最北の街スケーエンでは、バルト海と北海のぶつかり合う場所を見ることができます。

この場所は、激しい風と複雑な海流が発生しており、非常に船の操作が難しい場所です。

この二つの海は比重が異なるため、互いに混ざり合うことなく隔てあっています。

スポンサードリンク

コメント