絵画に隠された謎のメッセージ6選

世界の著名な絵画は、今も尚、不思議な魅力で私たちを魅了し続けています。

しかしそんな絵画の中には、よく見なければわからないようなメッセージが隠されたものも存在しています。

今回は、そんな絵画に隠された謎のメッセージを6つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

6.モナリザ

a98643_monalisa 2

(image..telegraph.co.uk)

誰もが知っているレオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザには、多くの謎が隠されています。

肉眼では確認することはできませんが、解像度を上げて分析すると、モナリザの右目には、作者であるダ・ヴィンチのイニシャル、”LV”が描かれており、左目にはモナリザのモデルのイニシャルだと推測されている”CE”または”B”というアルファベットが刻まれています。

また背後の橋には「72」という謎の数字が描かれていますが、その意味に関しては未だに解明されていません。

5. アダムの創造

(image..thecontroversalfiles.net)

システィーナ礼拝堂の天井に描かれた”アダムの創造”は、ミケランジェロによる著名な作品の一つです。

有名な建築家であり、画家でもあったミケランジェロですが、実は解剖学にもとても熱心であったと記録されています。

これは偶然であると解釈されてしまうかもしれませんが、こちらの絵画の中には小脳、下垂体、そして視交叉や、椎骨動脈の位置が忠実に再現されているのです。

この意図は、神がアダムに神の知識を与えようとしているものだという説があります。



    スポンサードリンク

4. 聖母と聖ジョバンニーノ

(image..commons.wikimedia.org)

イタリアの画家であるドメニコ・ギルランダイオによって、ベッキオ宮殿に描かれたこちらの絵の中には、聖母マリアの左肩の上に円盤のような形をした不可解なものが描かれています。

このトゲトゲの物体は長年存在が分かっておらず、

下にいる男性が、眩しそうな仕草をしていることから、この物体がすさまじい光を放っていたことがわかります。

3. 預言者ゼカリア

(image..en.wikipedia.org)

ミケランジェロによって、システィーナ礼拝堂の天井に描かれているのが「預言者ザカリア」です。

こちらの中でも注目したいのが、ザカリアの背後子供たちの指です。

ひとさし指と中指の間に親指をはさむジェスチャーは、軽蔑をするジェスチャーの一つとされています。

もしかしたら、宗教に対する自身の思いをこのジェスチャーを通して描いていたのかもしれません。



スポンサードリンク

2. ダビデとゴリアテ

(image..telegraph.co.uk)

システィーナ礼拝堂の天井に描かれているダビデとゴリアテの絵画では、このダビデの体制が、をあらわすヘブライ語と同じ形をしているという説があります。

ミケランジェロは、フィレンツェのロレンツォ・デ・メディチ裁判所でユダヤ教に関する知識を得て、この絵画に反映させたのではないかと推測されています。

1. 最後の晩餐

(image..en.wikipedia.org)

こちらもレオナルド・ダヴィンチによる有名な作品のひとつです。

バチカンの研究者によると、中央にいるキリストの頭上にある窓には、数学的、天文学的なコードが隠されており、分析すると、4006年11月1日に世界的な大洪水によって、人類は滅亡するというメッセージが隠されているのだそうです。

また2007年にジャズ奏者のジョバンニ・マリア・パーラ氏によって発見されたのは、パンと弟子たちの手を、右から左へ結ぶと、約40秒にわたるレクイエムの楽譜になるというものです。

何から何まで計算しつくされた絵画、まだまだ色々な謎がありそうですね。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント