自信をつけるにはどうすればいいのか?

 大きな挑戦をしようとすると、誰もが失敗したらどうしよう・・と悩みますよね?

 そんな時は自信を持てとよく言われたはずです。

 でも肝心の自信の持ち方については誰も教えてくれませんでした。

 今回は、そんな自信をつける方法を解き明かしていきましょう!



    スポンサードリンク

 自信とは、自分の価値と能力を信じることです。

 「俺ならやれる」と確信を持った瞬間に、自信が生まれ、多くの課題に挑戦させてくれます。自信がなければ、誰かに告白することも、受験することも、K-1で戦うどころか、リングに立つことすらできません。

 行動の源は、自信なのです。

 この自信は、3つの要素で成り立っています。

1.最高の自分を想像する

(image..career-information.com)

 自信をつけたければ、何か大きな挑戦の前に、やり遂げた自分を想像することです。

 東大に受かるための受験勉強をしているのであれば、東大の試験で高得点を叩き出した自分、東大で優雅な学生ライフを満喫している自分を想像するのです。

 「東大生も同じ人間なんだから、俺だっていけんだろ?へっちゃらだよ。」

 そう思うことで、パワーが湧き上がってきます。

2.努力で変える

 自分の能力は初めから決まっていると思いますか?

 それともトレーニングを積むことで、強くなると思いますか?

 先天的なもの、つまり自分では、何も変えようがないと思うのであれば、自信がなくなるため、行動力も無くなってしまいます。

 でも、自分の努力でカバーできる、「1日12時間勉強してやるよ!そしたらトップ集団に追いつけんだろ?へっちゃらだよ」と本気で思うことができれば、自信が湧いてきます。

3.挫折

(image..entertainment-topics.jp)

 誰にでも挫折はあります。

 あなたも、もちろんありますよね?

 ハリーポッターの著者であるJ.Kローリングは、当時シングルマザーの生活保護受給者でしたが、ハリーポッターを書き上げ、12社の出版社に断られても諦めずに、13社目でやっと出版にこぎつけました。

 失敗続きでも諦めない人は、大きな自信を持っています。

 挫折を繰り返すほど、「あの時の挫折に比べれば、こんなもん屁でもないな」と思う時がきます。

 失敗から、多くのことを学び、新しい作戦を考え、足を止めることはありません。



スポンサードリンク

 以上の3つが自信を形成する要素です。

 まとめましょう。

 何かに挑戦する前に、成功している自分を想像し、今の自分とその自分が遠くても、努力で突破できると信じ、挫折から何度も立ち上がり成功を手にした時、本物の自信が身につきます。

 どうか若いうちに、最高の自信(最高の挑戦と挫折)を手にしてください。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け