ありえない道路標識10選 

わかりやすい標識は、快適で安全なドライブにはかかせません。

しかし世界には、なんだかわかりずらいものから不思議な標識まで存在しています。

今回はそんなありえない道路標識を10個見ていきましょう!



    スポンサードリンク

10.幸運を祈る!?

(image..brightandassociates.com.au)

こんな分かりづらい交通標識が出てきたら、ドライバーは焦ってしまいます。

しかもグッドラックと幸運を祈られても、困ります。

この標識の制作者が何を考えていたのかはわかりませんが、もう少しわかりやすいものをお願いしたいです。

9.ビックフットに注意

(image..commons.wikimedia.org)

アメリカのパイクスピークにある標識には「ビックフットに注意!」と書かれています。

もし本当にいるのでしたら注意するどころか、多くの人が殺到しそうです。

この標識があるだけで、本当にでてきそうな気になります!

8.この先電話まで174km

(image..miros-road-safety.blogspot.jp)

こちらは「電話まであと174km」と書かれた標識です。

そもそも、なんでここにこの看板を立てる必要があったのかが謎です。

もし 崖っぷちの状態で、この標識を見たら、電話までの長い道のりを想像して、絶望してしまいそうになります。

せめて10km前くらいに表示してほしいです。



    スポンサードリンク

7.トイレはここではありません

 (image..)

この標識は、「ここはトイレではありません」と書かれています。

もちろんそんなことは誰でもわかっているはずなのですが、おそらく外でトイレをする人が多発したのでしょう。

6.止まれ!?

(image..dumpaday.com)

この標識によると、ここの路地で止まる必要がありますが、その下の標識には、「止まるな!」と表示されています。

いきなりこんな標識がでてきたら混乱してしまいます。

この標識は、ここでは停車せずに、一時停止してからすぐに発車するようにという意味なのです。

5.戦車に注意

(image..toptenz.net)

通常これらの標識は、牛などの野生動物に気をつける目的で使われますが、戦車に注意は驚きます。

一体どこから、戦車が突っ込んでくるのか、もしかしたら既に、砲台で狙われているのかもしれません。 



スポンサードリンク

4.泥酔した人が通ります

(image..sub5zero.com)

この標識があると、泥酔した人が道で寄りかかってきても、まぁ仕方ないかという気分になります!

日本でもぜひ取り入れてほしい標識です。

3.象に乗るの禁止

(image…forum.thefreedictionary.com)

日本では考えられませんが、象に乗るのは禁止という標識があります。

これを見ると、逆に象に乗りたくなってきます!

2.落とし穴あり

(image..welikeviral.com)

もう少しわかりやすい絵があったようにも思いますが、まるでゾンビが地中から湧き出てきそうなイラストです。

それにしても落とし穴・・誰が掘ったのでしょうか?



    スポンサードリンク

1.ペンギンに注意!

(image..hickerphoto.com)

ニュージーランドには、こんな素敵な標識があります!

文字通り、ペンギンが通ることがあるので、この道を通る際は、ペンギンに注意しなくてはいけません!

スポンサードリンク

コメント