地球上で最も積雪の多い都市10選

 年々地球温暖化が進み問題となっていますが、寒冷地では変わらず例年物凄い量の積雪が話題となります。

今回はそんな積雪の多い10都市をご紹介します。全て大自然の人里離れた都市という訳ではなく、中には人口も多い観光都市もありますので、機会があれば雪の凄さを体感してみてはいかがでしょうか?



    スポンサードリンク

10.バッファロー、アメリカ(2.4m)

(image..wikimedia)

 カナダとの国境の近くに位置するアメリカ有数の寒冷地であるバッファローの冬はとても長く、ほとんどのカナダの都市よりも寒いことで有名です。

 北極と似た天候のパターンは雲をかなり発達させる湖水効果雪という現象を引き起こし、雪かき以外何もできなくなるほどの多大な降雪や吹雪に例年見舞われています。

9.ロチェスター、アメリカ(2.5m)

(image..wikipedia.org)

 ロチェスターは隣の都市のニューヨークよりも積雪量は平均10cm以上多く、またカナダのオンタリオ湖にも近いため、しばしば吹雪を引き起こす湖水効果雪の多大な影響を受けています。

 1977年の大吹雪の時には1月29日から2月1日の4日間被害に見舞われました。この大吹雪では時に風速26mを超える風雪が続き、多数の犠牲者も発生し、降り積もった雪の除雪だけでも2週間かかったそうです。

8.秋田市、日本(2.7m)

(image..wikimedia.org)

 今では人口32万人を超える都市である秋田市は1997年に日本の中核市に指定され、地方を担う大事な自治体の一つです。

 例年、1月と2月に積雪が集中する傾向にあり、この2ヶ月間で年間積雪量の90%の積雪を記録します。1月の平均積雪量は1.3m、2月の平均積雪量は1mほどとなっています。



    スポンサードリンク

7.サグネ、カナダ(3.1m)

(image..ville.saguenay.ca)

 サグネはケベック市の北に位置する都市であり、4つの地域から構成されていて人口は14万人ほどです。川や湖に隣接している都市のため、周辺の地域よりも若干低地になっています。

6.シラキュース、アメリカ(3.1m)

(image..syracuse.com)

 シラキュースはアメリカの中で最も積雪が多い場所で、他の積雪量が多い都市と同様にニューヨーク州の近くに位置しています。人口は中心部での都市で約14万人ほどで、周囲の地域を含めると66万人を超えます。

 シラキュースはニューヨークエリアの経済の中心地であり、高等教育の地としても有名です。

5.ケベック市、カナダ(3.1m)

(image..therichest.com)

  ケベック州で2番目に大きい都市であり、北アメリカで最も古い都市の一つで、その美しい建築様式とフランスやヨーロッパから大きな影響を受けた文化が特徴です。

 古い建造物の他にも、毎年開催されている冬のお祭り、ケベックウィンターカーニバルは今年60回目を迎える伝統的な行事であり、炭水化物を豊富に含んだフランス料理とともに冬の代表的なイベントとして親しまれています。



スポンサードリンク

4.セントジョンズ、カナダ(3.3m)

(image..tbearbourges.com)

 セントジョンズはニューファンドランド・ラブラドール州にある都市で、カナダの中で一番の積雪量を誇ります。

 北アメリカで最も古い都市ではないかと言われており、ヨーロッパからの訪れた初期の開拓者の血筋を受け継いでいるとされています。平均3m以上の積雪が毎年あるため、バイキングたちによる開拓は容易ではなかったとされています。

3.富山市、日本(3.6m)

(image..therichest.com)

 毎年冬になると、北アルプスの立山黒部アルペンルートには雪の大谷と呼ばれる高い雪の壁が道の両サイドに現れ、多くの観光客が訪れます。

 富山市は富山県の県庁所在地であり41万人ほどが暮らしています。湿度の高い気候であることに加え、富山湾による湖水効果降雪も重なって、屈指の積雪量を誇る都市です。

2.札幌市、日本(4.8m)

(image..therichest.com)

 札幌市は今回ご紹介している10都市の中で1番大きく、人口は日本で4番目に多い約200万人、地球上で2番目に雪の多い都市です。毎年平均5mの積雪があり、ケベック市と同様冬にさっぽろ雪まつりが開催されています。この雪まつりには約200万人ほどの観光客が訪れ、食や雪の文化を楽しんでいます。

 1972年の冬季オリンピックの開催都市であったり、有名なビール醸造の地であったりと、観光地として人気の都市で、年間を通して1000万人ほどの観光客が札幌を訪れています。



    スポンサードリンク

1.青森市、日本(7.9m)

(image..therichest.com)

 青森市は毎年平均6mほどの積雪量を記録しており、高い海抜の八甲田山、青森湾、陸奥湾からなる地形が冷たい北風と合わさり非常に降雪量が多くなりやすい条件が整っています。

 夏でも冷たい空気の流れ込んでくる影響で、霧も濃く、涼しい気候になっています。また、風によって写真のような「スノーモンスター」がしばしば形成されます。

スポンサードリンク

  1. シラキュース.ローチェスターもニュヨーク州だろーが。

  2. 立山黒部アルペンルートと八甲田山は都市ではないと思う

  3. 伊吹山だと思ってた。
    富山県民だけど、富山市は南の方だよね?岐阜県境あたりかな?

  4. えっ⁉︎上位独占⁉︎
    海外には日本なんかよりも大変な場所が山ほどあって欲しいんだけど…

  5. 最高記録はスイスの山奥やアイスランド、ロシアの奥地かと思えば
    岐阜だとよ
    ワロス

  6. 実家札幌だけど雪が多いつっても札幌の雪は息で吹き飛ぶようなサラサラの軽い雪だから大したことないよ
    街中でパウダースノーが降ってるようなもんだよ
    ひざ下まで積もってても蹴飛ばしながら普通に歩ける(マジで

  7. 世界記録って日本だったよな
    10m超えだったはず…既に観測地点から外されてはいるが

コメント