糖分を取り過ぎることで起こる8つの兆候

 あなたは甘いものは好きですか?

 ポップコーンや、ケーキなど、甘い食べ物は一口食べると、至福の時を味わうことができますが美味しすぎる食べ物には、それなりのリスクが伴います。

 今日は、そんな糖分を取り過ぎることによって起こる8つの兆候を見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.いつもお腹がすいている

 夕飯を食べ、さらにデザートを食べても、まだお腹がすいているということはありませんか?そんな状態の人は、糖分を取り過ぎている可能性があります。

 糖分を取り過ぎていると高血糖となり、インスリンが不足し、エネルギーが十分に細胞に行き届きません。

 その結果、身体はエネルギー不足を感じ、甘い食べ物を求め続けるという悪循環を生み出すのです。

7.イライラする

 糖分は、気分を左右する栄養素「クロム」の吸収を防ぐということがわかっています。つまり、甘いものを食べ過ぎる人は、そうでない人に比べて、イライラしやすいのです。

 気分がいつも優れないという人は、毎日菓子パンや甘いコーヒー、インスタントラーメンのようなものを食べていないかチェックしてみてください。

6.のどの渇き

 なんだかいつも喉が渇く・・という方はいませんか?もしかしたら、それは甘い物の摂りすぎかもしれません。

 のどの渇きは、体に水分が不足しているときに起きる反応です。

 甘いものを食べすぎると、血液の糖の濃度を薄めようと、体内の水分を使って、血糖値を薄めようとします。すると、頻尿になり、水分不足を感じ、喉が乾くことになります。

 こんな状態で、もし清涼飲料水を飲んでしまったら、火に油を注ぐようなものです。

5.疲労を感じる

 しっかり睡眠をとったのに、体が疲れている、なんてことはありませんか?

 これには理由があります。

 血糖値が高いと、体は必要なエネルギーを十分に吸収することが出来ません。そのため、何もしていないのに疲れているように、感じるのです。

 疲れやすく感じたら、甘いものの摂りすぎを疑ってみてください。



スポンサードリンク

4.肌の悪化

 砂糖の摂りすぎが乾燥肌と関係していることを知っていましたか?

 高血糖状態が長く続くと、免疫機能が低下し、頻尿になり、水分不足から、乾燥肌になりやすくなります。

 また、高血糖状態では、手などに傷を負うとなかなか治りが遅く、酷い場合には傷から感染を起こしてしまうこともあります。

3.減量

甘いものを食べ過ぎると、たとえ食事が高カロリーだったとしても、急激に体重を減らすことができます。これにはいくつかの理由があります。

 甘い食べ物を食べ過ぎると、体は過剰なブドウ糖を減らそうとして、多くのカロリーを消費しようとします。それと同時にブドウ糖のレベルが高い尿が大量に放出されます。すると、体はエネルギー不足に陥り、蓄えていた脂肪をエネルギーとして消費するのです。

 最近食べ過ぎているのに、痩せ始めたという場合は、甘いものの摂りすぎかもしれません。

2.集中力の低下

 効率よく仕事や勉強をするためには糖分が必要、ということは皆さんご存知だと思いますが、あまり糖分を取り過ぎると血糖値が上がりすぎてしまい、脳に十分なエネルギーが行き渡りません。

 また血糖値が乱高下することで、強い眠気に襲われることがあります。

 甘いお菓子を食べながらの勉強というのは、あまり良くないかもしれませんね。



    スポンサードリンク

1.目のかすみ

 血糖値の上昇によって水分不足になるといいましたが、そうなると、肌だけではなく、目の細胞も水分不足になります。

 それによって、目のかすみや、目の焦点が合わなくなり、かすんで見えるようになってしまうのです。

スポンサードリンク

コメント