スーパーマーケットで目撃された面白ファッション10選

スーパーでのお買い物をするときは、「どうせ近所だし」とついついラフなファッションになりがちではないでしょうか?

ところがアメリカのスーパーマーケット、ウォルマートでは思いもよらない衝撃のファッションで買い物をするお客さんがたびたび目撃されるそうです。

今回は、そんな面白ファッションを10人を紹介します。



    スポンサードリンク

10.獰猛な獣現る

1471099371_1

(image..topmannews.com)

2人がいるのは動物園では無く、れっきとしたスーパーマーケットです。

このひどいファッションはSNSで拡散されると、「面白すぎる」とネット上で話題となりました。

もしヒョウ柄の全身タイツを着ることを考えている方がいれば是非この画像を参考にしてみてはいかがでしょうか。

9.レギンスはズボンとして認めない

(image…topmannews.com)

一瞬目を疑いますが、しっかりとスボンを履いています。

しかしこの画像を見れば自分にあった服を着る大切さが身にしみますね。

特に体のラインがはっきりと分かるような服は自分の体型と相談して着用したほうが良いですね。

8.かわいい容疑者

(image…topmannews.com)

カートに手錠で繋がれているこの子ども、悪いことをしてしまったことが一発で分かってしまいます。

少し可哀想な気もしますが、親にとっては一番便利で楽なお買い物方法かもしれません。



    スポンサードリンク

7.首毛!?

(image…topmannews.com)

首のところがやけにモフモフとしているおじさんが颯爽とスーパーを歩いています。

まさか首毛でしょうか?・・なんのためにこのスタイルを貫いているのかは分かりませんが、こんなにインパクトのある首をしたおじさんが歩いていたらついつい見てしまいますね。

6.原始人

(image…topmannews.com)

この日は、ハロウィンではなかったので仮装というわけではなさそうです。

髪型や服装だけでなく歯やアクセサリーも一体何があったのかとおもわせるほどちぐはぐです。

どちらかというとスーパーより洞窟のほうがしっくりきそうですね。
 

5.カツラ警報発令

(image…topmannews.com)

なぜこの男性は申し訳程度のカツラを使用しているのでしょうか。

ハゲを隠したければ部分用ではなくフルウィッグを装着すべきですし、部分用を使用するにしても、せめて地毛と色を合わせたほうがいい気もします。



スポンサードリンク

4.びっくりメイク

(image…topmannews.com)

化粧品を一本丸ごと使ったのではないかと思うほど厚化粧なこのおばあさんは、加減ということを知らないようです。

いくら日中でもこの極太眉毛と囲みに囲んだアイラインではすれ違う人全員が恐怖を感じるのではないでしょうか。

3.はみ出たお尻

(image…topmannews.com)

子ども用なのでは、と思ってしまうほど見事にサイズの合っていないショートパンツでお買い物中の女性です。

もしもサイズの合わない服があれば、無理に着用せずダイエットするか、大きいサイズの新しい服を買いましょう。

2.恐怖の爪

(image…topmannews.com)

爪を異常なほど長く伸ばす人はどこにでもいますよね!

でも彼女は少しやりすぎな気もしますね。

靴下も履けないし、爪が折れそうだし、何より歩きづらそうですね。



    スポンサードリンク

1.レインボーブラ

(image…topmannews.com)

全くもってサイズが合っていません。

ネットのようなトップスも正しい着こなしなのか、誰にもわかりません。

自分にあったサイズの服を買うこと、スタイルを維持することの大切さがよく分かる1枚でした。

スポンサードリンク

コメント