近未来的で魅力的なテーブル5選

 テーブルは、学校や喫茶店などどこにでも置いてありますが、 これだけ技術が発達したのにもかかわらず、テーブル自体に対した変化は、起きていません。

 しかし、私たちが知らないだけで、世界には様々な面白いテーブルが生まれています。

 今回は、そんな近未来的で魅力的なテーブルを5つご紹介します!



    スポンサードリンク

5.Sobro/ソブロ

(image..sobrodesign.com)

 Sobroは、間違いなく人を怠け者にするテーブルです。

 Sobroには、冷蔵機能つきの引き出しが設置されているので、ソファから立ち上がって冷蔵庫にお菓子や飲み物を取りに行く必要はありません。またUSBポートやコンセントが設置されていることはもちろん、Bluetoothのスピーカーも内蔵されています。

 その他にも、テーブルの底面にLED照明が搭載されており、落ち着いた空間を演出することもできるのです。

 これらの機能を机に設置されたタッチスクリーンで操作することができるため、テーブルの前から動く必要がありません。

 このSobroは、2017年に9月に発売予定で、価格は8万円になるとのことです。

4.SISYPHUS/シーシュポス

(image..sisyphus-industries.com)

 芸術家であるブルース・シャピロが造ったこちらのテーブルは、上部に敷き詰めらた砂の上を鉄球が動き、美しい模様を描き続けるというものです。

 このテーブルの上の鉄球は、コンピュータ制御システムによって磁石を利用することで、動いており、様々な美しい模様を描きます。さらに、鉄球が模様を描く速さや模様の明るさなどは、シーシュポス用のアプリで設定することができます。また、シャピロの夢はシーシュポスに組み込む音楽を作ることで、それができれば本当にすごいテーブルになるでしょう。

 ちなみに、名前であるシーシュポスとは、神を2度欺いたことで山頂まで岩を持ち上げるという罰を受けたギリシャ神話に登場する人物です。しかし、山頂に辿り着く寸前で岩が転がり落ちてしまい、永遠に岩は転がり続けるのです。

3.D TABLE

(image..thedhaus.com)

 こちらの、 The D Haus Company社が造ったテーブルは、様々な形に対応できる優れものです。

 たとえば、コーヒーを飲むのに最適なちょっと背の低いテーブルに変えることができたり、部屋の雰囲気や生活スタイルに応じてリビングの中心に置いたり、壁に沿うような形で置くことも可能です。また、キャンドルや本、記念品を置いたりするための棚として使うこともできます。

 様々な形に変わるこのテーブルにはたくさんの用途があり、いつまでも新鮮な気持ちで使うことができるでしょう。



スポンサードリンク

2.水槽型テーブル

(image..aq-sp.com/ja)

 日本のSPRING社が開発したバーズアイ水槽は、横から見る水族館を、テーブルを利用した人が楽しめるように、上から鮮明に見えるように設計されています。

 ちなみにこのデザイン方法は、水族館をテーブルに使用するという特許をきちんと取っています。SPRING社は、クラウドファンディングサイトに登場して以来、様々なデザインのテーブルを作って事業を拡大してきました。

 その中には、従来の丸いテーブルや来客用の長方形のコーヒーテーブル、レストラン用のテーブル、バー用の長いテーブルなどが含まれています。

 気になる方はこちらへ!

1.CAPSTAN TABLE

(image..http://fletchertables.com/)

 もっと気になるのは、イギリスの豪華家具メーカーFletcher Burwellが開発したCAPSTAN TABLEは、テーブルの面積を2倍にすることができるという点です。約5000個以上の部品で造られているため、その複雑な仕組みを利用して変形することができるのです。

 テーブルが違う形に変わるときには、内部に内蔵されているテーブルの一部が現れ配列を変えていきます。芸術と工学が融合したこの作品は、約500万円で購入することができるので、欲しい方はぜひ。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント