青少年が直面する8つの問題

子供は大人になる過程で、お金の問題だったり恋愛、就職に友情と様々な問題に悩まされます。

今回は、そんな若者たちが直面している問題を8つ紹介していきたいと思います!



    スポンサードリンク

8.一人親家庭

1950年以来、シングルマザー/ファザーの家庭は急増しています。

世界では1分49秒に1組は離婚しており、これがさらに一人親家庭に拍車をかけています。

片親になると経済的な面はもちろん、子供と過ごす時間が少なくなってしまうため、子供たちにとって、それがストレスになるのではないかと懸念されています。

7.薬物・アルコール依存問題

smoking-1026559_1280

10代の若さで、薬物やアルコール・タバコなどに手を出して中毒になってしまうケースが多く報告されています。

そこから飲酒運転や暴力事件に発展してしまったというケースも見られています。

6.成長のスピードに関する問題

8

子供は楽しく公園で遊んでいたという時代はあっという間に終わってしまい、今では子供達が急激に成長してしまうことが問題となっています。

その理由として、インターネットから様々な情報にアクセスすることができるようになったことで、性的な要素やアルコール、薬物などの情報が目に触れることが増えました。



    スポンサードリンク

5.イジメ

person-1821412_1280

子供達が学校に通うことは、社会に出て生計をたてていく時や人間関係構築のために重要なことです。

しかし、学校内での精神的および肉体的暴力問題が多発しており、日本の小・中学校で、見つかったいじめの件数は2015年で22万4540件にもなりました。

LINE(ライン)なども普及したおかげで、いじめの方法はさらに陰湿になってきています。

4.肥満問題

fat

なんとアメリカの3人に1人は、肥満児であるという結果がでています。

その理由としては、インターネット、テレビ、そしてゲームなど室内で遊べるものが充実したことや、ファーストフードなどがあげられます。

肥満は体型だけの問題だけでなく、鬱病や糖尿病、高血圧などの問題を引き起こす原因として問題視されています。



スポンサードリンク

3.教育格差

4

育格差も、若者の間で問題になっています。

学校が選べるような状況では問題は無いのですが、選べない状況や、最悪、教育を受けられない状況に陥る場合もあります。

住む地域であったり、国によっては人種や、財政状況によって大きく格差を生み出してしまっています。

2.就職問題

3

就職先が少なくなったことや、何がしたいのかわからないといった漠然した悩みから、大学を卒業しても就職することができない若者が増えています。

また製造業は、人件費が安い他の国に移っているので、この傾向はさらに強まるのではないかと考えられます。

1.貧困問題

2

現在、日本の6人に1人が「貧困層」という問題に直面しています。

貧困は生活上の問題だけではなく、実際に教育を受けられないなどの問題や、社会的行動にも影響すると、懸念されています。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

  1. ブログやってたんですか!!
    それにしても、青少年 問題抱えすぎですねww                                                      
    これからも、頑張ってブログ更新してください!!
    応援してまーす!!

コメント