幸せな人が絶対にしない6つのこと

 いつも笑顔で幸せそうな人がいますよね。そんな人を見習いたいと思っても、何を見習えば良いか分かりませんよね。

 では逆に、幸せな人がやっていないことを知り、あなたを幸せから遠ざけている習慣や考え方を止めてみてはどうでしょうか?

 今回は、そんな、幸せな人が絶対にしないことを6つのことをご紹介します。



    スポンサードリンク

6. 他人の状況を気にする

 最近はSNSが発達し、良くも悪くも、友達や有名人の近況が分かるようになりました。しかし、他人がどこにいて、どんな生活をしているかをチェックするのは止めた方が良いでしょう。

 研究者のメイリー・スティアース氏によると、他人の情報をSNSなどで見ることで、他人の人生の華やかな部分と、自分の人生の舞台裏と比べて孤独や寂しさを感じ、鬱状態になりやすいという研究結果が出ています。

 自分自身がとても幸せな人というのは、他人の状況などに関心はないのです。

5. 自分の価値を他人の評価に委ねる

 いつも他人と比べて、他人よりも良く思われようとしていませんか?もしそうならば、全くの逆効果です!あなたが単純に自分自身に満足していれば、その分、他人から尊重してもらえるし、自分自身からも尊重されるようになります。

 実際にお金持ちほど、他人の評価が気にならず、無関心という研究結果が出ており、充実した人生を送るためには、他人の評価に無関心である必要があるようです。

 大切なのは、あなたがあなた自身をどう思っているかです。あなたが一番良いと思う道を歩んでいけば良いのです。

4. 他人や外的要因によって幸せを得ようとする

他人に幸せにしてもらおうと思ってことはありませんか?

他人のお金や好意、思いやりなど、自分以外の何かによって幸福になろうとするのを止めれば、あなたは今よりも幸せになれるでしょう。

 もしあなたが今、不幸せで、苦しい状況にいたとしても、それは誰か他の人のせいではありません。自分が幸せかどうかの責任は全て自分にあると思い、持っていない物への執着が無くなれば、上手に笑えるようになります。



スポンサードリンク

3. 憤りや恨みをずっと持ち続ける

 悔しい経験をバネにして努力するということがありますいね。しかし、過去の恨みや報復に縛られるのは、今日で終わりにしませんか?

 強い恨みや復讐心を持って生活をしていると、心の中には負の感情が鬱積していき、自分の行きたい人生ではなく、どうやったら恨みを果たせるのかにフォーカスしてしまいます。こうなると、自分自身もドンドン不幸になっていきます。

 過去の出来事はあなたの人生の1つの章に過ぎません。過去に区切りをつけて、過去の出来事を許すことで、自分自身の未来に集中できるようになります。

2. 否定的な環境に身を置く

 ネガティブな人と付き合ったり、ネガティブな環境に身を置いていませんか?

 例えば、あなたの事を可哀想と言い、あなたに被害者や弱者のレッテルを貼る人や、人生が不公平だと嘆き、あなたに同情の言葉をかけてもらおうとする人、愚痴り合いに巻き込もうとする人。そんな人達からは離れましょう。

 そんな環境にいると、自分自身もネガティブ思考に陥ってしまいます。そうならないように、ポジティブな環境に身につけましょう。



    スポンサードリンク

1. 真実に抗う

 自分の本当の姿が理想と違うからと言って、嘘をついて生きていることは、本当の自分を否定して生きていることになります。真実が幽霊のように付きまとってあなたを悩ませることでしょう。

 なので、本当の自分を捻じ曲げるのは止めましょう。他人に良い印象を持ってもらおうとして、真実を隠そうとしないで下さい。また、周りの風潮や流行に合わせて自分を変えようとしても苦しいだけです。

 自分の本当の姿を認めるには、勇気や強さが必要だと思います。しかし、本当に自分の人生を生きるにはそうするしかないのです。

スポンサードリンク

  1. 興味深いテーマだったのでコメントしてみたい
    どれもすんなり納得したのだけど、1の真実に抗う、だけは考え込んでしまった
    これはそう簡単に結論できることではない、と思うからだ
    たとえば世の自分以外の全ての人が「あなたには無理だ」「成れるわけがない」「あなたにはできるわけがない」
    と言われてる事があったとしよう
    しかし自分にはどうしてもできるとしか思えない、手ごたえのようなものがあったとしよう。
    それは果たして「真実」なのだろうか?
    それが自分にはできないことが真実なのならば、まさにそれは真実に抗ってることであり、不幸のどん底にいることになるだろう
    だがもしも、自分だけはできると信じていたことが真実だったらどうだろうか
    そして苦しい困難の末に本当にそれを成し遂げたとしたら?
    それは最初に諦めてしまうことより、とてつもなく幸せな結末といえないだろうか
    そしてこうも言えるのである
    成功を信じて苦労を重ねてる時期ですら、実はその人にとっては幸福な時間であったのではないかと

  2. 6,他人の状況を気にする

    幸せそうな動画を見て、こっちもほっこりしているんですが、
    この人と自分の人生があまりにも違うことに、羨ましさも感じています。
    ただ、その行為自体に幸福感もありますし、癒されている感もあります。

  3. 幸せそうな人間を見ると憎らしいとは思わないまでも羨ましさが先に立ってしまうが、幸せそうな動物の子供を見るととにかく癒やされる。特に自分では飼えない野生動物の皇帝ペンギンの雛とかアザラシの子供とか悶絶級に可愛い。動物番組を観ているときの自分はかなり幸せかもしれない。

コメント