広告写真に使われているトリック8選

広告の写真を見て購入した商品が、あまりにも広告写真とかけ離れているという経験をしたことはありませんか?

実は広告写真には、商品をよりよく見せるために様々なトリックが使われています。

今回は、そんな広告写真で使われているトリックを8つ見ていきましょう!

8.シリアルの写真

608961866 のコピー

シリアル製品の写真は、シリアルが牛乳の上に浮いている方が美味しそうに見えますよね!

もし普通の牛乳を使っていたら、シリアルが牛乳に沈んでしまいます。

そこで、シリアルを浮かせておくために、牛乳を使わずに、白い接着剤を使っているのです。

そうすれば、シリアルが沈まずに、とても美味しく見せることができるんですね!

7.アイスクリームの写真

アイスクリームの写真には、本物のアイスクリームは使われていません。

なぜならスタジオの照明のせいでアイスクリームがすぐ溶けてしまい、綺麗な状態での撮影ができないからです。

なのでアイスクリームの代わりにマッシュポテトと着色料を使います。

これによって、溶けることなく、綺麗な艶をだすことができるのです!

6.ハンバーガーの写真

なんか写真と違う食べ物といえば、ハンバーガーですよね!

想像通り、様々なトリックが使われています。

まず、あの美味しそうなふんわり感を出すために、中には、爪楊枝が仕込まれており、その上にレタスや肉を乗せることで、ふんわりとした状態に見せています。

最後に、ケチャップを注射器で、加えると、あの美味しそうなハンバーガーの完成です!

確かにこっちの方が美味しそうに見えますよね!

5.アイスキューブ

広告写真で、氷の入った冷たい飲み物の写真に撮るときは、実は本物の氷は使われていません。

なぜなら熱いライトの下では、氷が急速に溶けてしまい、撮影にならないからです。

そのため撮影では、プラスチック製のアイスキューブが使われています。

アイスキューブなら溶けることはありませんし、本物の氷よりもずっと冷たくて美味しそうに見えますね!

4.飲み物の中の泡

撮影で牛乳やコーヒー、ビールなど、泡のある飲み物の写真を撮りたい時には、洗剤を飲み物に加えています。

これによって綺麗な泡を出すことができるので、美味しそうに見える写真を撮ることができます。

確かに、コーヒーに泡が立つことは、あまりないですもんね!

3.ホイップクリーム代わりに

ホイップクリームを含む食べ物を撮影するときは、ホイップクリームはすぐに溶けてしまうので、代わりにシェービングクリームが使われています。

写真で見ていたあの美味しそうなホイップクリームが、まさかシェービングクリームだったなんて、ビックリですよね!

2.フルーツの写真

フルーツの写真を撮るときは、フルーツがピカピカに見えた方が、新鮮でとても美味しそうに見えますよね。

しかし本当にピカピカしているフルーツはあまりありません。

そこで、多くの撮影では、フルーツに制汗スプレーを吹きかけています。

これによって、とてもイキイキしたフルーツの写真を撮ることができます。

フルーツにしたらたまったもんじゃありませんけどね!

1.湯気を作る

温かい料理の写真をとるときは、湯気が出ている方が美味しそうに見えますよね!

ただ料理をレンジで温めたところで、湯気がでる量も時間も限られています。

そこで、湿らせた綿を電子レンジで温めて湯気を作っています。

綿はかなりの時間、蒸気を出し続けるので、カメラマンが焦ることなく、必要な写真を撮ることができるのです。

via..your kitchen camera,graphics,pepper,Media Source,scoopwhoop

スポンサードリンク

コメント