あなたの魅力を失くす6つの理由

 あなたは自分が魅力的な人間だと思いますか?

 この世の中には、なぜかわからないけど、魅力的な人間と、うっとおしいと感じる人間がいます。

 もちろん容姿や、性格などの先天的な理由もありますが、人が魅力的だと感じる要因は、他にもあるのです。

 今回は、そんなあなたの魅力を失くす6つの理由を見ていきましょう!



    スポンサードリンク

6.話が長い

 昨日見た夢の話や、一日中Tシャツを逆に着ていた話もいいですが、それを長く話し続けることはやめましょう。

 人は聞きたくない話は、1分でも長く感じるようにできています。

 そして話が長い人は、基本的に歓迎されません。長く話さないためには、相手の顔をしっかり見て、相手が退屈していないかどうかを感じ取りながら話すことが大切です。

 無表情で、「へえ~」「ふう~ん」のような、ただ相槌を打っているだけの反応であれば、あなたの話が長い(退屈という)証拠です。

5.不平不満を言う

 不平不満・愚痴を言う人は、間違いなく人から嫌がられます。

 もちろん自虐ネタで軽く笑わせたりするくらいなら、まだいいのですが、魅力的に愚痴を言うのは、実は非常に高度なテクニックです。

 ほとんどは、ただの泣き言になったり、不平不満を言うだけになるので、皆あなたから離れていくでしょう。

 あなたの憧れの人が、カフェで愚痴をいっていたら幻滅してしまいますよね。

 口が上手くない人は、この際、愚痴を言うのはやめるときめておきましょう。

4.信念がない

 多くの人々が、日常生活で、変わり者と思われないように自分自身を押し殺して生活をしています。

 例えば有名Youtuberが不祥事を起こせば、「私もあのYoutuber嫌い」と、自分を偽ることで、輪を乱すのを回避しようとするかもしれません。

 しかし、魅力的な人物と言うのは、流されず、しっかりとした「自分の意思、信念」を持っています。

 こういう人は、周りから尊敬され、一目おかれます。

 あなたの「考え」を他人に押しつけろ、と言っているわけではありません。

 何があっても揺るがないあなたの「信念」を明確にしておくことが大切なのです。



スポンサードリンク

3.人の名前を覚えない

 人の名前を覚えるのは、誰でも苦労します。

 人の名前が覚えられない、と言ってあきらめる前にちょっと努力してみましょう。

 いつもいく喫茶店の店員さんや、通学路であうあの娘(こ)など、その人の名前を声に出して覚えましょう。

 名前で呼ぶことによって、たとえ短い時間であっても、記憶に残る人間になることができます。

2.スマホよりも目の前の人に集中

 たまに一緒に会っているのに、ずっとスマホをいじっている「通称やべーやつ」がいますよね。

 これは、相手に「この人、私といて退屈なのかな?」と思わせてしまいます。

 2人でいるときは、スマホをしまって、全意識を相手に向けるつもりで話しましょう。

 ちなみに、2人でいるときに、他の誰かの話をしないことも大切です。

 常に意識を相手に向けることができる人、それこそが魅力的な人でしょう。



    スポンサードリンク

1.自己紹介しない

 いきなり初対面のグループの中に入っていくのは、なかなか難しいことですよね!よほどコミュニケーション能力が高い人でない限り、多くの人が苦手としている事だと思います。そんな時は出来るだけ目立たないように、そっと会釈だけするか、ただ黙って壁際に立っているだけなのではないでしょうか?

 しかし、こういった態度を取ると、その場にいる人達にとって居心地の悪い空間を作り出してしまいます。

 なので、次からこのような初対面の人たちと話す機会があれば、相手の目をしっかりと見ながら、「話の最中、ちょっといいかな?僕、○○といいます!」と言って会話に入っていきましょう!その時にできれば、握手を忘れないでください。

スポンサードリンク

  1. 前半は日本も同じ
    後半はちょっと首を傾げる内容

    日本で会話を邪魔してまで自己紹介していくのは、マナーの悪い人のステレオタイプになってしまっている

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け