存在が信じられない境界線5選

 世界には様々な境界線が存在しています。

 例えば、国と国を隔てる国境や、道路に引かれた中央線、あなたの綺麗な七三分けも、ある意味境界線といっていいでしょう。

 今回は、世界にある一味違った面白い境界線を5つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.川と海の境界線

(image..virates.com)

 ミシシッピ川は、アメリカ最大の河川で、その規模は、全長3780kmになります。

 この川は、やはてメキシコ湾に注ぎこまれるのですが、その境界線では、川から流れ込んだ水と海の境目がはっきりと分かれています。

 このように綺麗に分かれている原因は、水温や濃度の違いがあるためです。

 

(image..dailynewsagency.com)

 こちらは、同じ川である、ローヌ川とアルヴ川が合流する様子ですが、水質や水温の違いにより、混ざりあうことなく、分離した状態で、一緒に流れていきます。

 見ていると、かき混ぜたくなってきますね!

3.アメリカとメキシコの境界線

 曖昧な境界線にイライラしている人にオススメなのが、アメリカとメキシコの間の国境です。

 貧富の差の激しいメキシコからアメリカへ毎年100万人以上が不法入国をしていることもあり、アメリカとメキシコの間には、全長3,141kmのとてつもなく長い柵が立てられています。

 その柵は、山や、ビーチ、草木を隔ててたてられ、不法侵入者を見張るために、合衆国国境警備隊が目を光らせています。

 この国境を越えようとして毎年、多くの人が亡くなっており、境界線には、そんな死者に向けた棺桶が設置されています。



スポンサードリンク

4.複数の国境

(image..www.routeyou.com)

(image..www.tangol.com)

 オランダにあるファールゼルベルクという海抜322.7メートルの山奥には、「ドイツ・ベルギー・オランダ」の三ヶ国を結ぶ三国国境があります。

 しっかりと三ヶ国の旗とモニュメントが設置されており、ぐるっと一周すれば、一瞬で、3カ国を移動することができます。

 このような複数の国を結ぶ国境はほかにもあり、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンは、パラナ川とイグアス川で綺麗に区切られています。

 ちなみに、世界にはジンバブエ・ボツワナ・ザンビア・ナミビアの4つに分かれた四国国境というものもあるんですよ。

5.分かれた道

(image..curazy.com)

 スカンディナビア山脈にあるスウェーデンとノルウェーの国境には、このように真っ白な道が、1,600kmに渡って続いています。

 ここでスノーボービルに乗ったら、最高でしょうね。

(image..hybridtechcar.com)

 こちらの道路をよく見てください。何か変じゃないですか?

 片側がボロボロで、もう片方は綺麗に整備されています。

 実は、これはオランダとベルギーの国境で、綺麗な道がオランダ、老朽化された方の道路がベルギーです。

 同じ道でも、国を隔てると、ずいぶんと様子が変わりますね。

スポンサードリンク

コメント