信じられない死因8選

日本の15歳から39歳までの死因で一番多いのは自殺で、次に事故死、次いでガンなどの病気となっています。

しかし、世界には不運が重なって通常ではあり得ない死に方をした人たちがいます。

今回はそんなびっくりする死因を8つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.デモンストレーション

(image…tvtropes.org)

1993年、トロントの弁護士であったガリー・ホイは、新入生の建築家の学生たちに、ビルの窓ガラスが頑丈であることを証明するために、窓ガラスに向かって全力で疾走し、体当たりをしていました。

ガリーは、何度もやってきたことだったので、安心していつものように窓に体当たりをしていたのですが、その日はガリーの体当たりにより、窓ガラスが割れ、ガリーは、24階の高さから落ち、転落死してしまいました。

世の中に、絶対はないんですね・・。

7.ガムの爆発

(image..berkeleywellness.com)

25歳の化学を専攻していたウラジミールは、チューインガムが大好きで毎日ガムにクエン酸を足して味が変わるのを、楽しんでいました。

ある日同じようにクエン酸をガムに足していましたが、実はその日は間違えて爆薬を、ガムに足してしまったのです。

そしてウラジミールが、ガムを噛んだ瞬間、ガムは口の中で爆発し、彼の下顎(したあご)は吹き飛んでしまい、救急搬送されたものの、何もできず、彼は息絶えてしまいました。



スポンサードリンク

6.水中毒

2007127日、28歳のジェニファー・ストレンジは、ラジオ番組の主催する「水を飲みながら、トイレを我慢しよう」というふざけた大会に参加しました。

その大会では、一番水を飲むことができた優勝者に、Wiiが賞品として送られることになっていたため、ジェニファーは、息子のためにWiiを手に入れるべく、約6.5Lもの水を飲みました。

しかし、あまりにも多くの水を飲みすぎたために、ジェニファー・ストレンジは頭痛により、大会を途中棄権し、後日、水中毒により亡くなってしまいました。

5.サボテン

(image..commons.wikimedia.org)

1982年、アリゾナ州に住むデイビッドは、「ベンケイチュウ」という大きなサボテンを的(まと)にして射撃の練習をしていました。

たくさんのサボテンを蜂の巣にして、満足げだったデイビットの前に立ちはだかったのは、約8mにもなる大きなサボテンでした。

デイビッドは、このサボテン親分も銃で狙い撃ちし、最後の一撃をサボテンに命中させた時、ボロボロになったサボテンは、デイビットの方に倒れ、デイビッドはサボテン親分の下敷きになってしまったのです。

まさにサボテンの逆襲ともいうべきその一撃で、デイビッドは亡くなってしまいました。



    スポンサードリンク

4.ペットの排泄物

2012年、88歳のブラジル人女性、アイダさんは病院で静脈点滴を受けていましたが、看護師が経口チューブと間違え、スープを静脈に注入してしまいました。

その結果アイダさんは亡くなってしまい、病院はアイダさん家族によって訴えられました。

病院側は当初スープの注入は直接的な死因ではないと主張していましたが、司法解剖の結果スープ混入による肺血栓だと判明し、医療ミスがあきらかになりました。

3.ゲーマー

(image..wikipedia)

韓国の光州市にあるインターネットカフェで、オンラインのバトルシュミレーションゲームを86時間ぶっ続けでプレイしていた28歳のキムが、過度の疲労による心不全で死亡しました。

事故の2時間前に、従業員である李(イ)は、トイレで気を失っているキムを見つけました。

声をかけると、キムは、なんとか意識を取り戻して立ち上がったのですが、あろうことか、ゲームを続行したのです。

その後、キムは倒れて、病院に運ばれましたが、すでに死亡していました。

韓国では、オンラインゲームをし続けたことによる過労死事故が何件も起こっています。

2.人参ジュース

1974年、48歳の健康マニア、バジル・ブラウンは、ダイエットのために人参ジュースにはまっていました。しかしその量は常軌を逸しており、1日に4リットル、10日間で約37リットルも飲んでいたのです。

その結果、処理できなくなった肝臓に多くの負担がかかり、急死してしまいました。

何事にも限度というものがありますね。

1.プランキング

(image..wikipedia.org)

日本には、あまり馴染みのない言葉ですが、オーストラリアでは一時、「プランキング」という、街のいたるところで、うつ伏せになり、腕を体の横につけてキープするのを、写真にとってSNSにアップするのが流行っていました。

20歳のオーストラリア人、アクトン・ビールは、その日、酒を飲みながら、酔った勢いで7階のビルのバルコニーでプランキングをしようと、身を乗り出したのですが、体を滑らせて、転落死してしまいました。

この事故は愚かな死を表彰する不名誉な賞、ダーウィン賞を受賞しました。

スポンサードリンク

コメント