地下にある素敵な家8選

地球上での人口は年々増加しており、地上に住む場所を確保できなくなるのも時間の問題です。

そんな中、地下に家を建ててしまおうというユニークなコンセプトのもと建てられた家が世界には存在します。

今回は、そんな画期的で素敵な家8軒を見ていきましょう。



    スポンサードリンク

8.洞窟の家

(image..limewedge.net)

ミズーリ州にある洞窟の中に、約4km四方の家が建てられました。

建てたのはカートさんとスリーパーさんで、モダンなインテリアと自然の砂の壁を融合させた外観と内装のおかげで、夏も冬もエアコンが必要ありません。

このスペースはもともとはコンサートホールとローラースケートのリンクとして利用されていましたが、ネットオークションで土地が売却されました。

7.マレーター

(image..instablogsimages.com)

このマレーターと名付けられた家は、ウェールズにあります。

芝の天井、鉄のアンテナとシンプルなデザインの家は、地元の人からはテレタビーズハウス(頭からアンテナのでているキャラクター)と呼ばれています。

ワンルームで、中にはポッド型のキッチンやバスルームがあります。見事に景色とマッチしていて素敵ですね!

6.セダンハウス

(image..hometone.com)

イギリス、ノースノーフォークコーストに建てられたこの家はほとんどが地中に埋まっているにもかかわらず、太陽の光が最大限入るような造りになっています。

環境にやさしく、雨水を家庭菜園にも利用できる画期的な家です。

5.花型の家

(image..jetsetta.com)

マンチェスターユナイッテッドの元キャプテン、ガリー・ネヴィルさんは環境に優しい地下の家を建てました。

6つの「花びら」が部屋になっていて、それぞれ用途に応じて「食べる」「リラックス」「エンターテインメント」「仕事」「寝る」「遊ぶ」と様々な用途で過ごすことができるのだそうです。

夢があって素敵ですよね!



スポンサードリンク

4.石の砂漠の家

(image..dornob.com)

ギリシャの砂漠に建てられたこの四角形の家は光も冷暖房もすべて自然のエネルギーを利用していて環境に優しい造りとなっています。

丘に建てられており、四角形のシンプルなデザインで砂漠にも馴染むようになっています。

半分以上は地中に埋まっており、逆側からこの家を見ると、地下に家があることに気づかないですよ。

3.地球の家

(image..erdhaus.ch)

スイスにある家で、9軒の家が天井で繋がっています。

まるで地球そのものに埋まっている様子から、地球の家とも呼ばれており、雨や激しい気温の変化などの厳しい気象条件に強い造りになっています。

2.ホビットの家

(image..treehugger.com)

こちらの家は、スイスのヴァルス村にある家です。

スイスにある家で、この地方では温泉が有名で、温泉に近く、山からの眺めも良い完璧な立地です。

完全に地中にあるのですが、地中の熱が冷暖房を兼ねており、エアコンはいらないそうです。

またこの場所からは、すばらしい山の景色を見ることができます。



    スポンサードリンク

1.洞窟の賃貸物件

(image..inhabitat.com)

イランの北東部に位置する村「カンドヴァン」では、洞窟を切り出して作った家が、700年も使われています。

アパートとしてはとても古いものの、内部は何度も改装が行われていて、現代的で住みやすい家になっているそうです。

なんだかスターウォーズにでてきそうな家ですね!

via..oddee.com

スポンサードリンク

コメント