将来消滅するかもしれないボディパーツ7選

 もし私たちの体が神様によって作られたものだとしたら、無駄な部分など一つもないように思えますが、未だになぜ付いているのか説明のつかない身体の部位がいくつも存在しています。

 チャールズ・ダーウィン著書の「人間の進化と性淘汰」では、そんな不用な身体のパーツがいくつか記述されています。

 今日は、近い将来、消滅するかもしれないボディーパーツを7つご紹介いたします。



    スポンサードリンク

7.体毛

 体毛は、ひどい悪天候から体を保護するためにあるとされてきましたが、現代社会ではどうでしょうか?

 もう必要ないですよね?現代人は、着心地の良いセーターやジャケット、ヒートテックなどを常時着用しています。

 別に体毛がなくても、体は洋服によって保護されているため、全身脱毛してしまっても何の問題ありません。そのため、将来は消える可能性が非常に高い一つのパーツと言っていいでしょう。

6.親知らず

 ほとんどの人に生えているこの親知らずが何のために生えているのかよくわかりませんよね。

 磨きずらく、虫歯になりやすいことから、ほとんどの人が抜歯をするため、親知らずがあって得をするのは、歯医者さんくらいのように思えます。

 この歯は、原始時代に木の実を噛み砕く為に使われていたとされていますが、柔らかい食べ物が多い現代では、必要ありませんね。

 そんな環境の変化から、すでに現代では、約4人に1人が、親知らずを持たずに生まれてきています。

5.男性の乳首

 まず第一に、なぜ男性に関わらず乳首があるのでしょうか?

 女性は母乳を与えるために乳首が必要なのはわかりますが、男性は母乳を作ることが出来ないため、必要ないようにも思えます。

 実は、性別のない初期段階の胎児の時点で、既に乳首は付いており、男性の乳首は、女性になるかもしれないために付けられた発生初期の名残なのです。

 つまり・・何の意味があるのでしょうね?



スポンサードリンク

4.尾てい骨

 尾てい骨という言葉を聞いたことがありますか?

 別名「テイル・ボーン」とも言いますが、サルや猫などの尻尾を持つ動物が、全体のバランスをとるために付いています。

 しかしこの骨は、私たち人間にも付いているのです。また、驚くことに骨だけでなく、しっかりと尻尾を持って生まれた赤ちゃんも100件ほど報告されています。

 どんなパンツを買えばいいのか困ってしまいますね!とにかく、この尾てい骨は、今では何の意味もないため、将来消えてしまうのではないかと言われています。

3.耳の筋肉

 ウサギやイヌなどは、耳を動かすことができますが、それは、耳だけを動かす外耳介筋(がいじかいきん)という筋肉のおかげです。

 あまり聞きなれない筋肉ですが、実は人間にも備わっている筋肉で、稀に、耳を動かすことが出来る人を見かけることがあるかもしれませんね。

 クラスの人気者になるくらいしか使い道がないため、将来この筋肉は、消えてしまうのではないかと言われています。

2.立毛筋

 立毛筋という筋肉を知っていますか?

 立毛筋とは、動物が熱を逃がしたり、威嚇したりする時に毛を逆立てるための小さな筋肉のことです。

 ペットの猫が、毛を逆立てているのを見たことがありますよね?

 あれは、この立毛筋を使って、実際よりも体を大きく見せて、敵を威嚇しているのです。驚いたことに、実は人間にもこの筋肉が備わっています。

 怖い時、驚いたとき、また、寒かった時など鳥肌がたちますよね?それはこの筋肉が使われているのです。

 しかし、現代では、体毛は非常に薄く、敵を威嚇するための体毛も必要ありません。したがって、これらの筋肉も、将来に消滅する可能性が高いと言えるでしょう。



    スポンサードリンク

1.副鼻腔

 副鼻腔とは、鼻の周りにある骨内に作られた空洞のことで、左右に二つずつ、計4つあります。

 しかし、何故これほどの空洞があるのか、またどんな役割をしているのかは、わかっていません。

 この空洞があることで、頭が軽くなるという人や、顔を殴打された際に、力が逃げるのではないかという説があります。

スポンサードリンク

  1. 副鼻腔が塞がってるせいで飛行機に乗ると気圧変化で地獄のような痛みに襲われる

  2. 何故に足の小指が無いのだ。
    それに、親指と小指をくっつけると手首に出てくる筋の事も。
    あれ4足歩行してた時に両腕で使われてた腱の名残だしね。親知らずと同じく無い人もいる。
    盲腸も、って書こうと思ったけど最近では実は腸内細菌の環境に対して大きな影響力を持ってたとかなんとか・・・。
    あれって草食動物でとくに発達が顕著で、大腸と同じくらいデカくて、機能としては草を分解するバクテリアや細菌を収納する袋みたいなものだし。

  3. 副鼻腔の数え方が違うような・・・4種類が左右2つづつで合計8個じゃなかった?

  4. 必要ないってだけで器官が消滅したりしない。それがあると生存に不利ってぐらいの淘汰圧が必要だよ。

コメント