人生において友達は100人必要なのか?

 友達百人できるかな?と子供の頃に歌っていましたが、実際に今友達は100人いるでしょうか?

 まぁ友達は多いほうがいいというのは、多くの人の本音かもしれません。最近では、SNSの普及により、多くの人が気軽に繋がれるようになりました。

 しかし、本当に必要な友達の数は、何人なのでしょうか?

 今日は、あなたに必要な友達の人数を解き明かしていきましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=JqmLJPZYJs0



    スポンサードリンク

・友達がいると長生き!?

 さて、友達はいないよりは、いた方がいいと思いますよね。

 実際に、さまざまな研究により、人生を豊かにし、長生きするためには、友達が必要不可欠であることが証明されています。例えば、誰もお見舞いに来てくれない場合、患者の70%が亡くなったのに対し、2人以上お見舞いに来てくれた人の死亡率は26%にとどまりました。

 また、友達との「つながり」が少ない人は、友達に囲まれている人よりも、2倍短命であることもわかっています。また友達が少ない人ほどギャンブルにのめり込みやすいとも言われています。

SNS上での友達は、本当の友達ではない!?

 ここまでで、友達がいないことは健康に悪いということがわかりましたが、それでは、理想的な友達の人数はいったい何人なのでしょうか?

 この研究を行ったイギリスの人類学者「ダンバー」は、人が安定して良好な関係を維持できる人間関係の最大数は、150人だと結論付けています。

 なるほど、ではSNSを使って、ボタンをポチっと押せば、簡単に150人ほどの友達を作ることができそうですね。

 しかし、Facebook上の“友達”の数が多ければ多いほど、孤独感が高まり、返答や嫉妬などの感情からストレスレベルが上昇することがわかっています。

 やっぱり、SNSだけの友達は、本当の友達ではないようです。



スポンサードリンク

ベストな友達の数

 さてそれでは、実際に会って友達を作るまでです。

 今すぐにでも街にくり出して、片っぱしから声をかけにいきたいところですが・・ちょっと待ってください。

 研究によると、人生の幸せと関係するのは、たった15人の本当に仲がいい友だちだけのようです。どうやらカフェで働く可愛いあの娘に片っぱしから声をかければいいということでもなさそうです。

 また本当に仲の良い友達を持つことは、約1,200万円と同じ価値があるとも言われています。逆にわかりにくい例えですが、要は、本当に仲のいい友達は、人生を豊かにしてくれるということですね。

人生においての友達の価値

 さて、この研究結果をまとめると、友達(知り合い)の数は150人が限界で、少なすぎると短命になる可能性がある。

 それからSNSだけの友達は、ほとんど意味がなく、人生は本当に仲のいい15人の友達を持つことが大切だということです。

 あなたは、何でも腹を割って話せる友達がいますか?

 大人になると、なかなか友達ってできませんよね。

 もしかしたら、思っている以上に、今あなたの身の回りにいる友達って大切なのかもしれませんよ。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

  1. こういう物は鵜呑みにせず
    先ずは自分自身で検証してみましょう
    研究所と称しても
    所詮、会ったこともない他人なので
    自分との関係性は掲示板の書き込みと何ら変わりがないのですから

  2. 友達が多いと1人に接する時間も減るから、当然だが関係が浅くなる。
    関係が浅いと友達というより知り合い。友達としての関係が深まれば親友。
    そう単純に考えたら、友達や知り合いが多いというのも考え物。
    広く浅くが良いか? 狭く深くが良いか? 人それぞれだろうね。
    俺は携帯の登録数が多い人ほど気薄で、実は親身になって相談できるような
    間柄の友達が少ないように感じる。

  3. 流石に掲示板の書き込みとなんら変わりないとか自分自身で検証しろは言い過ぎだけど、こういった研究は根拠薄弱のものが多いのは確か
    統計的な根拠しか出せない上に作為的なデータが多い
    1200万の価値なんてのもどうやって算出したんだかって感じだからね

    でも友達が多いのはいいことだよ、人とのつながりは生きる上で武器になる
    それに伴うしがらみもあるし、そういうものに耐えられない人もいるから誰もが友達たくさんいれば幸せということにはならないけれど

コメント