コーヒーよりも目が覚める食べ物6選

眠い時はついついコーヒーやエナジードリンクに頼りがちですが、カフェインや糖分の過剰摂取により体に悪影響を及ぼすこともあります。

今回は体にもよく、覚醒効果のある飲み物、食べ物を6つ紹介します。

どれも手軽に試すことができて、健康的なものばかりですので、ぜひトライしてみてください。



    スポンサードリンク

6.オートミール

(image..shutterstock.com)

朝ごはんに最適なオートミールは、血糖値の上昇、炭水化物の吸収共に穏やかで、コーヒーのような数時間のみ急激に覚醒効果があるわけではなく、朝から継続して長期的に活動することができます。

ボウル1杯のオートミールで、十分に満腹感が得られ活動的な1日をサポートしてくれます。

5.水

(image..shutterstock.com)

ただの水でも、非常に高い目覚め効果があります!

寝ている間にも人は汗をかくため、起き抜けには軽い脱水症状が起こり、すっきりしない目覚めを引き起こします。

寝起きにコップ1杯でも水を飲むことで、脱水症状が改善され、すっきりとした1日を過ごすことができます。

朝だけでなく、午後のついつい眠たくなってしまう時間帯にも水を飲むことは効果的だそうです。

4.りんご

眠気覚ましにコーヒーという方も多いですが、リンゴを食べた方が効果的かもしれません。

りんごには、フラクトースという自然由来の糖分が頭と体を駆け巡り、体を活発に活動できるように保ってくれます。

さらにりんごはエネルギーの元となる炭水化物や、食物繊維にも富んでいるので、文句なしですね!



スポンサードリンク

3.チアシード

(image..shutterstock.com)

チアシードはスーパーフードとも呼ばれており、脳の働きを活性化するオメガ3脂肪酸に富んでおり、疲労軽減や、集中力を高めてくれます。

さらに、この小さな種は、水を吸収すると10倍にも膨張し、消化にとても良い働きをします。

朝に食べると頭がよく回りますよ!!

2.葉物野菜

(image..shutterstock.com)

食物からエネルギーに変化させる際に必要なビタミンBを効率よく吸収することが可能なため、高いエネルギー量を保つことができます。

葉物野菜を多く使用したグリーンスムージーなどもとても体に良く、朝にぴったりの飲み物です。



    スポンサードリンク

1.ペパーミント

(image..shutterstock.com)

ペパーミントは集中力を高め、疲れを軽減する効果があると発見されています。

コーヒーの代わりに、寝起き、または眠くなりがちな午後にカップ1杯のペパーミントティーを飲むと効果があるそうで、ペパーミントガムでも効果があるそうです。

スポンサードリンク

コメント