世界で最も高価な液体トップ10

液体というと、水や、ジュースを思い浮かべますが、世界には、私たちの手がでないような高値で取引されている液体も存在します。

今回はそんな高価な10の液体を見ていきましょう!

10.ヒトの血液 1Lあたり約45000円

blood-bags-91170_1280

血液は私たちにとってとても身近なものであり、よく街頭で献血も行われています。

1リットル¥45,000もする理由は、献血などで提供された血液に、細菌が混入していないかを厳重に検査しなければならないためです。

そこで異常があった場合は、廃棄となります。

9.ガンマヒドロキシ酪酸 1Lあたり約70000

HG_OT_107DrugsGHB_CHG640x480

1リットルあたり約7万円以上もするこちらの液体は、神経に作用し、鬱や不眠に効果的で、アメリカやカナダ、ニュージランドなどでは治療目的で認可を受けています。

日本でも麻酔薬として使用されていましたが、過量投与で痙攣や意識障害が起きることから、平成13年以降禁止されています。

8.黒インク #45 1Lあたり約80000円

printer-ink-cartridges

プリンタ本体を安く売ってインクで儲けるビジネスモデルと言われている通り、インクは非常に高値で取引されています。

もちろん、インク漏れや、インクが出なくなるなどのトラブルが起きないように日々の研究に多くの費用がかかっているともいわれています。

7.水銀 1Lあたり約10万円

水銀は唯一、常温でも液体になっている珍しい金属で、蛍光灯に使われたり薬品に使われたりしています。

高額な理由は単純に、採取が難しいことと、抽出に長時間かかることがあげられます。

6.シャネルNo.1Lで約18万円

世界的に有名なこのブランドは1920年代に始まり、シャネル初の香水となったのが、このシャネルNo.5です。

この香水は広告にマリリン・モンローを起用したことで、大ヒットしました。

またシャネルにとって「5」という数字は特別な意味を持ち、この香水も5月5日に発売されました。

5.インスリン 1Lあたり約22万円

インスリンは人間の体内で作られ、血糖値を低下させるために必要な成分です。

糖尿病になると、十分なインスリンを体内で作れなくなるので、血糖値をコントロールするためにインスリンの摂取が必要となります。

インスリンが高額な理由はその製造の過程にあります。

以前は牛やブタの膵臓から作っていましたが、不純物が多く混入していたため、現在では、遺伝子組み換え技術によりインスリンが製造されています。

4.カブトガニの血液 1Lあたり約180万円

カブトガニの青い血液は非常に貴重な液体です。

高い抗菌作用を持ち、細菌感染に効果を発揮します。

私たちにとっては良いことなのですが、カブトガニにとっては非常に迷惑な話で、繁殖期にだけ現れるカブトガニを捕まえて30%の血液を採取します。

カブトガニの血液に似た物質は、未だに人工的に作ることができていません。

3.幻覚剤 1Lあたり約370万円以上

幻覚剤は、脳神経系に作用して幻覚を摂取者にもたらす薬物のことです。

日本でも取締りが強化され、現在では規制されています。

少量でも多くの人々に幻覚を見せるほどの、魔力を持っており、非常に危険な物質です。

2.コブラの毒1Lあたりで約450万円

キングコブラの毒は世界で最も強い毒の一つで、像ですら簡単に殺してしまいます。

人間が噛まれたらひとたまりもありません。

そんな危険な液体がなぜこれほどの値段がついているのかというと、キングコブラの毒には、モルヒネの約20倍ほどの痛み止めの作用があるからです。

1.サソリの毒 1Lあたり約11億円以上

サソリは毒を使って狩りを行い、獲物を麻痺させたり、死に至らせます。

人間はこの毒を血清を作るために使用します。

ではどうしてこの値段になるのかと言いますと、取れる量が非常に少ないからです。

電気刺激を与え毒を抽出すると、1回で0.5mg以下しか取ることができません。

一定量を確保するためには約25万匹以上のサソリの毒を抽出する必要があるのです。

スポンサードリンク

コメント