世界にある奇妙な博物館8選

 博物館といえば、自動車や、飛行機、動物などの歴史や知識を得られる場所ですが、世界には、少し面白い博物館も存在しています。

 今回は、そんな世界にある奇妙な博物館を8つご紹介します。



    スポンサードリンク

8.燃やした食品博物館/バーントフードミュージアム

(image..pinterest.com)

 テキサス州アーリントンにあるBurnt Food Museum(バーントフードミュージアム)は、料理中に誤って焦がしてしまった食べ物が展示されている博物館です。

 博物館には、マフィンやパンなどがカリカリに焦げた様子を見ることができます。

 博物館の管理人である”デボラ”さんによると、料理の失敗を嘆く前に、あなたが焦がしてしまった食べ物の美しさを見つけ出すことが大事と語っています。

7.パリ下水道博物館/ヴィクトル・ユーゴーファン

(image..pinterest.com)

 パリには全長2100kmにも及ぶ壮大な下水道があり、その下水道の一部を博物館として公開しています。

 この博物館では、下水道を整備し始めた1370年から、今まで発展し続けている下水道の歴史を知ることができますが、実際に使われている下水道のため、臭いようで、ここにくる見学者は、ハンカチを持ってきて鼻を覆いながら観覧する人が多いようです。

6.コルプス人体博物館

(image..cobo4444.jimdo.com)

 奇妙な巨人の半身がビルにめり込んでいるこの建物は、特異な外観を持つオランダの南ホラント州にあるコルプス人体博物館です。

人間の体内の中を旅しているかのような感覚で、人体の仕組みを学ぶことができる博物館で、旅は膝から始まり、子宮、消化器、肺、口や耳、最後は脳まで進むことができます。

 全体を回ると、約55分で回りきることができます。

5.寄生虫博物館

(image..weirdjapan.org)

 東京の目黒にある寄生虫博物館は、300種類もの寄生虫を見ることができます。

 一番の見どころは、お寿司を食べて食中毒に遭った女性から引き出された9メートルもあるサナダ虫です。また寄生虫そのものだけでなく、人体への影響も絵で見ることができるため、ここに来ると生物(なまもの)を食べる気が失せますね・・。



スポンサードリンク

4.死の博物館

(image..wikimedia.org)

 1995年に建てられたロサンゼルスにある死の博物館は、有名な凶悪殺人鬼の資料や、死刑のやり方など、様々な人間の死にフォーカスした博物館です。

 館内にはびっしりと残虐な写真が展示されており、とにかく目に入る死体の量と、殺人鬼の思考に気分が悪くなり、失禁や嘔吐してしまう人が少なくありません。

 最後には、Have a nice life.(良い一日を)と書いてあります。

3.腹話術博物館/ベントヘブン博物館

(image..traveltourxp.com)

 この博物館は、1910年に「トミー」という腹話術人形を購入したことから収集が始まり、現在では約700体の腹話術人形が所蔵されています。

 椅子に座っている人形も壁にかかっている人形もみんな、死んだ魚の目で見つめている様子を見学することができます。

 少し怖いですね・・。

2.犬の首輪博物館

(image..capital.cl)

 イギリス・ケント州にある犬の首輪博物館は、100点以上にも及ぶ犬の首輪を展示してあります。

 中には、100年以上前の犬の首輪が集められており、首輪の歴史を知るとともに、16世紀の真鍮で作られている珍しい首輪まで展示してあります。



    スポンサードリンク

1.UFO博物館

(image..wordpress.com)

 1947年7月に、ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したとされるUFOが、米軍によって回収されたとされるこの街には、UFO博物館があるます。

 館内には、そんなUFO墜落事件を中心に、UFOの目撃情報、ミステリーサークル、エリア51や、エイリアンの解剖を再現したものなど、UFOファンにはたまらない場所になっています。

スポンサードリンク

  1. よっしゃ〜!!寄生虫博物館来た〜!!!愛国者は靖国とアニメ鑑賞ばっかしてないで世界に誇る寄生虫博物館にも行ってこいよ!!

  2. 目黒駅からちょっと遠くてな寄生虫館
    帰りは権之助坂で死ねる。

  3. フランスかドイツかの奇形遺体ばかり集めた博物館は入ってないのか

  4. 日本にも人体博物館はあるはず。富士山の近く。
    出口はたしか肛門だった・・・

    あと、刑事博物館というのもあるらしい。東京に。
    実態は「拷問博物館」だとか・・・

コメント