インク切れ!?不思議な白斑をもつ動物たち12選

白斑とは、皮膚の色が部分的に白くなってしまう先天性の症状です。

免疫システムが色 (メラノサイト) を持っている皮膚細胞を破壊することで現れもので、無害なため見た目の違和感意外に支障がありません。

実は、世界の人口の 1% が白斑を持っており、化粧品のトラブルによって白斑が発生するケースもあります。

今回は、まるでインクが切れてしまったかのような白斑を持つ動物たちをご紹介します!



    スポンサードリンク

12.猫

(image..reddit.com)

耳先、鼻先、足先だけが白い猫です。

偶然とは思えない位置ですね!不思議です。

11.猫2

(image..boredpanda.com)

所々に白いぶちがある猫。

まるで雪を被っているかのように見えてとても素敵ですね。

10.ピューマ

(image..boredpanda.es)

顔全体が白くなっているピューマ。

なんだかイタズラして小麦粉をぶちまけたように見えます。



    スポンサードリンク

9.犬

(image..boredpanda.es)

白いぶちがあるのはネコ科だけではありません。

この犬の白斑は広範囲なので、ベースの色が何なのか一瞬わからなくなりますね。

8.シャム猫

(image..imgur.com)

口元が白くなっているこちらの猫。

牛乳を飲んでいてもわかりません!

7.パンダ?

(image..instagram.com)

不思議な模様になったワンちゃん。

まるでパンダの逆バージョンですね。



スポンサードリンク

6.キリン

(image..boredpanda.es)

キリンの模様が薄くなったように見える白斑。

こんなことがあるなんて驚きですね!

5.クロウタドリ

(image..boredpanda.es)

クロウタドリは名前の通り身体が黒色のはずなのですが…。

顔の周りに白斑がある珍しい写真です。

4.キツネザル

(image..littlefootwildlifeshelter.org)

こちらも珍しい写真です。

キツネザルの背中に斑点のようなぶちがあります。



    スポンサードリンク

3.象

(image..flickr.com)

象にも白斑が現れます。

これは生まれつきではなく、年齢と共に色素が抜けていったものなのだそうです。

2.クロウタドリ2

(image..reddit.com)

またもやクロウタドリの珍しいケースです。

たまたま見つけたら興奮してしまいますね。



    スポンサードリンク

1.犬2

(image..reddit.com)

大きなワンちゃんには不思議な白斑がたくさん。

白と黒のコントラストが綺麗です。

スポンサードリンク

コメント