どうして2月だけ28日までなの?

 子供の頃から誰もが疑問に感じていたこと、それは2月だけ28日までしかないということです。他の月は、短くても30日だったり、31日まであるのに、なぜ2月だけ28日なのでしょうか?

 そこには、複雑で難解な理由が隠されていました。

 今日は、どうして2月が28日しかないのかを解き明かしていきましょう!

 ※「ロムルス歴➡︎ヌマ歴➡︎ユリウス暦」の順に進んでいきます。



    スポンサードリンク

・ロムルス歴

 現在私達が使っているカレンダーは、古代ローマの暦が元になっています。

 紀元前8世紀頃のローマでは、1年は、3月から始まって12月に終わる10カ月間しかありませんでした。

 そのため、1年間が304日しかなく、12月が終わると、ローマ人は冬の間、寒さに耐えるのに必死で、足りない61日を数えることまで気が回りませんでした。

 そのため、12月が終わった後は、日にちを数えるのをやめ、空を見て月の満ち欠けなどを見つつ、春が来たら、また3月から仕切り直していました。

 実際、これも悪いやり方ではありませんでしたが、12月から3月の間は今日が何日か分からないという問題に直面しました。

ヌマ歴

 そこで、今私たちが知っている1月と2月を足すことを考えました。

 しかし、それでもこの当時の1年間の日数は、355日しかありませんでした。さらに、偶数は縁起の悪い数字とされていたため、それぞれの月の終わりの日にちは、29日か31日のどちらかに統一しようとしたのです。

 すると、合計355日にするためには、どうしても28日をどこかに入れる必要が出てきました。そこで選ばれたのが、2月だったのです。

 Februarius(2月)は、祓いや清めの月であるため、不吉な偶数でも浄化されるということでよしとしたのです。

 これで、2月が28日になりましたが、この時代の1年間は、355日なので、太陽暦の一年との間にずれが生じ、長い目で見ると季節までもがずれていくという問題に直面しました。そのため、この時期は、太陽暦に合うように2月に、無理やり日にちを足して、辻褄を合わせていました。



スポンサードリンク

ユリウス暦

その後も、この気持ちの悪い1年間=355日は、何百年も使われたのですが、ついに「1年間、365日のほうがよくね?」という閃光のようなツッコミのもと、再度見直されることになりました。

 そこで調べなおすと、1年の日数は、正確には、約365.25日であるため、どうしても正確な日にちを刻むためには、4年に1度、閏年の日に、1日だけ足す必要がでてきました。

 またこの頃になると、月の終わりの日が偶数で終わることにこだわらなくなり、「別に30日で終わるのもいいんじゃね?」という寛容な考え方に変わりました。

 しかし中には、信仰深く偶数である30日を嫌う人もいました。7月という名前を持つ古代ローマの政治家「ジュリアス・シーザー(July)」と、8月の名前を持つ、古代ローマの初代皇帝「アウグストゥス(August)」は、「いやいやいやいや、俺の名前が付いてる月に偶数とか絶対嫌やわ、7月と8月は絶対31日しかあかんで!」と駄々をこねたのです。

 そうして、長く28日を背負ってきた2月が選ばれたのです。

 ということで、これが2月が28日になった理由です!

 ちょっとややこしいですね。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け