世界の豪華すぎるヨット8選

 日本のヨット所有者は、約1万人といわれています。

 まさにお金持ちだけが所有できる贅沢品のようなイメージですが、世界には、お金持ちでも手が出ない破格なヨットも存在しています。

 今回は、そんな世界の豪華すぎるヨットを8つ見ていきましょう。

8.モナコの街

422173__cruising-yacht_p

 900億円の費用をかけて作られたこちらのヨットは名前の通り、モナコの歴史的な建物をヨット上に再現した造りになっています。

 中には、カジノや競馬場、映画館にサーキットからクラブまで設置されています。もうここまでくるとヨットとはなんなのかという話になってきますが・・。

 現在この152mのヨットは、購入者を募集中のようですので、視聴者の皆さんはお急ぎください!

7.アダストラ号

 もっとも豪華なクルーザーと呼ばれているアダストラ号はまるでスターウォーズにでてくる飛行船のような見た目をしています。

 全長は42.5メートル、幅は16メートルもあり、19億円の費用をかけて作られました。

 船体はガラスと合成繊維で作られており、海風を感じながら最高の景色を満喫することができます。

 また船体の50メートル以内であれば、船内の設備を一台のipadで操縦することができるのでちょっと高いおもちゃとしても最適です!

6.シャダイ

 こちらの少し変わった形のヨットは、高くそびえ立つピラミッドや高層ビルをモチーフにして作られました。

 ヨットの高さは、38メートルもあり、そこにある客室には、バーや、レストラン、プールが備えつけられています。

 この高さから見る素晴らしい景色は、シャダイにしか味わえないものでしょう!

5.オーソスアイランド社クルーザー

 3億7千万円で売りに出されているこちらのクルーザーは、別荘型になっています。

 青いライトを使ったお洒落な船内と、ヤシの木が立ち並ぶ開放的なデッキは日々の忙しさからあなたを解き放ってくれます。

 一等地に別荘を買うくらいでしたら、誰もいない海の上の別荘はいかがでしょうか?

4.トロピカルアイランドパラダイス

 将来、島を買いたいと豪語するあなたには、こちらのトロピカルアイランドパラダイスをオススメします!

 このヨットは全長90メートルもある、南国の島を体現したようなヨットです。

 甲板には、火山の形をしたスイートルームがあり、その頂上からは、プールに続く滝が流れています。

 メインデッキには、ビーチを囲むようにヤシの木と小屋が立ち並び、ヨットの上にいるということを忘れてしまいそうになりますね。

3.ビーナス

 スティーブ・ジョブズによって生み出されたこちらのヨットは、多くのガラスが使用されており、船内のどこにいても外の景色を楽しめるように工夫されています。

 また船内には多くのアップル製品が並んでおり、ジョブズらしいシンプルで美しいヨットが再現されています。

2.エピファニー

 エピファニーと名付けられた、こちらのヨットは、イギリスのデザイナー「アンディー」によって設計されました。

 全長130mの長さを誇っており、ジャグジーやスパ、映画館などが完備されています。

このヨットを購入すれば、世界一周旅行がしたいとひらめいたときに、すぐにでも出発することができますよ!

1.ヒストリースプリーム(最高の歴史)

 最高の歴史と呼ばれるこの小型ヨットは全長30メートルと今までのヨットと比べると大きくはありませんが、およそ10万kgもの貴金属と宝石で作られています。

 船底からダイニングエリア、デッキの階段、さらにはいかりまでが薄い金で覆われており、製作費用は4500億円とも言われています。

 壁は隕石で作られ、本物の恐竜の骨で作られたティラノザウルスの像まであります。

 この世の贅沢の限りを尽くした、こちらのヨットは、マレーシアのビジネスマンによって購入されたようです。

via..list25,yacht island,wikipedia,Beautifullife.info

スポンサードリンク

コメント