フリーWi-Fiは危険!?若すぎる天才ハッカー8選

 ハッカーというと、熟練したネットユーザーというイメージがありますが、子供の頃から、スマートフォンやタブレットに触れている現代では、若くしてその能力を開花させる子供も珍しくありません。

 今回は、そんな若すぎる天才ハッカーを8人見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.クリストファー・フォン・ハッセル

(image..www.theregister.co.uk)

 2014年、5歳のクリストファーくんがXboxでゲームを遊んでいると、年齢制限によって、ゲームをプレイすることができなくなってしまいました。

 仕方なく父親のアカウントにログインしてゲームをプレイしようとしましたが、パスワードがわからず、ログインすることはできませんでした。

 そこで彼は、XBOXのセキュリティ上の欠陥を見つけ、父親のアカウントへの侵入に成功したのです。クリストファーくんの父親は事態を知り、どうやってログインしたのかを尋ね、その内容を、マイクロソフト社に連絡しました。

 マイクロソフト社はすぐに欠陥を修正し、セキュリティ対策に貢献した研究者のリストにクリストファーくんの名前が加えられました。

7.CODハッカー

(image..quora.com)

 2014年に、アイルランド人の14歳の少年が、コールオブデューティーと呼ばれるオンラインゲームで、ハイスコアを出すためにハッキングを行いました。彼は、Xboxのアカウントのユーザー名とパスワードを盗み出すと、強いプレイヤーがゲームにログインできないようにしました。

 しかしこの不正が、マイクロソフト社に発見されると、彼のアカウントは削除されてしまいました。普通なら訴えるところですが、これに感心したマイクロソフト社は、彼をセキュリティチームの一員に雇うことにしたそうです。

 就職先が見つからない人は、一度CODやBFにハッキングしてみるといいかもしれません・・。

 あ、責任は取りませんよ!

6.ライアン・クリアリーとジェイク・デイビス

(image..rt.com)

 2012年に、ハッカー集団「ラルズ・セック」のメンバーであった、17歳のライアン・クリアリーとジェイク・デイビスは、CIA、国防総省、国民保険サービスを含む数々の会社、政府機関、サイトに侵入し情報を流出させました。

 その中でも一番目立ったのは、「the Sun」と呼ばれる海外の大手ニュースサイトに侵入し、「the Sun」のオーナーで、メディア王として知られる、ルパート・マードックさんの嘘の死亡記事を全面に載せたことです。

 これによって、多くの人を混乱させたとして、この2人は逮捕されました。

5.CyFi(サイファイ)

(image..cbsnews.com)

 2011年、カリフォルニア州出身の10歳の女の子サイファイちゃんは、農場ゲームのセキュリティホールを発見したとして話題になりました。

 事の発端は、彼女が、プレイしていた農場ゲーム内で、とうもろこしを収穫するのに、10時間以上かかることに苛立ち、自分が何とかしなければと思ったのだそうです。

 そこで、彼女は、ハッキングをして、時計を早く進めるように変更し、農作物を早く育つようにしました。

 確かに、とうもろこしに10時間は・・ないですね!



スポンサードリンク

4.アーロン・ボンド

(image…hruthviinternationalschool.com)

 アーロン・ボンドは、パソコンが大好きな男の子で、6歳の時には、プログラミングを使ってアプリを完成させました。

 しかし14歳になると、魔が差した彼は、その能力を使って、学校のパソコンにハッキングすると、教師たちのアカウントのパスワードを次々と変更し、校長の給料などの機密情報を盗み出しました。これが見つかると、彼は退学処分を受けました。

 この対処について、彼の母親は、この事件は息子のせいではなく、学校のセキュリティシステムが甘かったからだと主張しました。

3.フェリス・ビューラー

(image..hofmag.com)

 2012年にニューハンプシャー州に住む少年が自宅から学校のパソコンへハッキングをして成績を改ざんしました。先生はもちろん怒りましたが、少年のハッキング技術の高さに驚いたそうです。

 彼は自分の成績をよくしただけでなく、ついでに、いじめっ子たちの成績も悪くしたのです。どうやら彼は正義をわかっているようですね。

2.ウォン・ツァ ンヤン

(image..anonymousbrasil.com)

 北京に住む13歳のウォンくんは、宿題の答えを見るために、学校のシステムにハッキングし、ソフトウェア会社にセキュリティ上の欠陥を通知しました。

 またオンラインストアにハッキングし、1つ¥50000の商品の値段を¥20に変更した後、オンラインストアに連絡してセキュリティに穴があることを知らせています。

 弱点を見つけるためには、ウェブサイトを攻撃しなければならない」というのが彼のモットーで、「自分の才能を違法なものに使うことはしない」と語っています。



    スポンサードリンク

1.ベッツィー・デイビス

(image..press.net)

 2015年、ロンドンに住む7歳の少女ベッツィーは、Youtubeにアップされていた11分間の「ハッキング方法」という動画を見ただけで、普通のパソコンを使って、公共のwifiスポットにハッキングすることに成功しました。

 彼女は、このwifiに繋がる全ての携帯とパソコンにアクセスすることができ、その他のパスワードも解析できる状態でした。

 こうやって考えると、公共のフリーwifiは、使わないほうがいいですね。

スポンサードリンク

  1. 怖い怖い。ゲーム好きなな子に多そうだから日本の子供の中にも沢山いそう。

コメント