奇跡的に災難を避けることができた人々8選

 九死に一生を得たことはありませんか?

 例えば、持っていたiPhoneをトイレに落としかけたり、包丁を床に落とすなど、一歩間違えれば大惨事になるような場面に、誰でも遭遇したことがあるはずです。

 しかし、世の中にはそれとは比較にならないほどの災難を回避することができた人もいます。

 今回は、そんなギリギリを体験した8人を見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.祖父の命を守ったコイン

(image..ailovei.com)

 第一次世界大戦中、祖父が撃たれた際に、胸のポケットに入っていたコインが、祖父の胸に打ち込まれた銃弾を受け止めてくれました。

 コインのえぐれ方から、どれほどの衝撃だったのかがわかりますね。

 コインが入っていたこともすごいですが、もしコインが1枚だったら、おそらく命はなかったでしょう。

 

2.側溝に落ちる寸前だった結婚指輪

(image..www.trendzified.net)

 排水溝に大切なものを落とすとショックですよね。特に、鍵などを落とすと、もうそこに立ち尽くすしかありません。

 この人の場合は、結婚指輪という替えの効かないものを落としてしまいましたが、奇跡的に落ちずにバランスを保っています。こちらは、排水溝の鉄格子にギリギリ引っかかった鍵です。

 もし、キーホルダーがなかったら、今頃流されていたことでしょう。

 

3.トイレットペーパー

(image..pleated-jeans.com)

 身近に潜むピンチといえば、公共のトイレで用を足したあとに、トイレットペーパーがないことでしょう。

 自分の前にトイレを使っていた人を恨みたくなりますが、そんなことをしていても解決にはなりません。

 ポケットティッシュか、ハンカチを生贄に捧げなければ詰みますが、実は、1つ助かる方法があります。

 この男性は、大声で隣の人に助けをもとめることで、下の溝から、貴重なトイレットペーパーを手にすることができました。

4.保護メガネ

(image..ailovei.com)

 ある男性がディスクグラインダーで研磨作業中に、グラインダーの刃が砕け、欠片が男性のかけていた安全ゴーグルに突き刺さりました。

 男性は、ゴーグルをかけていたおかげで、怪我を負わずにすみましたが、もし、かけていなかったら目に突き刺さっていたことでしょう。

(image..regic.net)

 こちらの男性も、チェーンソーを使っていた際に、誤ってチェーンソーの刃を足に当ててしまいましたが、ポケットに入っていたスマートフォンによって怪我を負わずに済んだそうです。



スポンサードリンク

5.地雷

(image..webcuriosos.com.br)

 ガムや、水たまりなど、踏んではいけないものはたくさんありますが、こちらの男性は、間一髪のところで、毒ヘビのカモフラージュに気がつき、なんとか踏みとどまりました。

 踏んでいたら、どうなっていたのか・・想像もしたくありませんね。

 

6.ギリギリ

(image..share-ranking.com)

 こちらは、車を走行中に、前のトラックから落ちた斧が、フロントガラスに直撃した様子です。

 斧は、フロントガラスを破壊していますが、持ち手の部分が、ガラスに引っかかっているおかげで、運転手は無事でした。完全に突き破っていたら、軽傷では済まなかったでしょう。

(image..ailovei.com)

 こちらのイタリアの農家では、坂の上の巨大な岩が転がり落ち、自宅の塀を破壊して、20mほど転がったところで、停止しました。

 あと数メートルずれていたら、家ごとなくなっているところでしたね・・。

7.倒木の下敷きになっても無傷でした

(image..karapaia.com)

 こちらは木が折れて、車の下敷きになるという災難にあいましたが、よく見ると、木は一ミリも車には触れておらず、車には、なんの凹みやキズもありませんでした。

 まさに奇跡ですね。

(image..ailovei.com)

 こちらも、木が倒れるというハプニングに遭いましたが、木が湾曲した形をしていたこともあり、車は傷1つ負わず無事でした。



    スポンサードリンク

8.まさに間一髪!

(image..regic.net)

 こちらのジープは、でこぼこ道を悠々と走り回っていましたが、木の枝がジープへと突き刺さり、このように、車内にまで貫通しています。

 運転手はなんとか難を逃れたそうですが、ヒヤヒヤどころではありませんね。

 こちらの男性は、カメラで撮影後、車の後部にカメラおき忘れた、まま車を走らせ、20分間ほどしたあとに、カメラを後部に置き忘れたことに気がつきました。

 おそるおそる、車を止めて確認すると、なんとそこには車から落ちることなく、先ほど置いた状態のままのカメラがありました。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け