誰も教えてくれない妊娠の真実8選 – 電撃ランキング

誰も教えてくれない妊娠の真実8選

あなたが女性であろうが男性であろうが、いまから紹介する妊娠に関する秘密は知らない人が多いことでしょう。

特に男性の方ほど、こういう事情には詳しくなっておいたほうが、いいかもしれません!

今回は、そんな誰も教えてくれない妊娠に関する真実を紹介していきます!



    スポンサードリンク

8.出産後、縫う必要がある

(image..flickr.com)

大体の母親は、出産後に膣が裂けてしまうことが多いです。

最悪な場合、膣から肛門まで裂けてしまう場合も多く、多くの母親が、出産後に傷口を縫う作業をしなければならないのです。



    スポンサードリンク

7.いきむ際に、腸にも力が入ってしまう

(image..flickr.com)

実は、いきむ際に使用する筋肉と、大腸の排出の際に使用する筋肉は、同じ筋肉なのです。

そのために、出産時に誤って大腸に力がはいってしまい、排便してしまうことも多々あるそうです

過去には、看護師があらかじめ浣腸をしていたケースもありますが、今は脱水症状などの危険性を懸念し、控えられているそうです。

6.輝かしい肌を手に入れることができる

(image..flickr.com)

妊娠中は血液量が増加するため、肌が綺麗になることがよくあります。

更にホルモンの影響によって、オイル線が活性化され、より柔らかく、明るい肌ももたらし、綺麗な肌になることができます。

5.嗅覚や味覚が発達する

(image..flickr.com)

妊娠中は、嗅覚と味覚が鋭くなります。

大人にとっては危険はありませんが、胎児にとっては危険であるものもしっかりと認識するための、本能なのではないかという仮説があります。

確かに、煙草、アルコール、コーヒーなど、匂いや味が強いものは、妊娠中禁止されているため、納得のいく理論ですね。



スポンサードリンク

4.出産後も痛みは続く

(image..flickr.com)

陣痛と出産を乗り越えて、楽になれるというのは大間違いなのです。

実は、出産後も陣痛のような痛みが続きます。

余計な失血を防ぐためにも筋肉痙攣などが生じるのですが、病院で出産した場合は、幸い薬を多数処方されるため、あまり痛みを感じることはないでしょう。

3.二人分食べる必要は無い

(image..flickr.com)

妊娠中は、よく二人分食べないといけないと勘違いして、過剰に食べ物を摂取する人がいますが、それは間違いです。

妊娠中必要なカロリーは普段より300カロリーだけ多ければ問題ありません。

2.靴のサイズが1サイズ上が場合がある

(image..flickr.com)

妊娠後期に入ると、出産に伴い身体の靭帯が少しゆるくなっていきます。

それに加え、増加した体重は足に大きな負担を与え、足が少し大きくなってしまうのです。

大体の場合は一時的ですが、あまりにもサイズが大きくなってしまった場合は、永久的にその形になる場合もあるようです。



    スポンサードリンク

1.お父さんにも妊娠に似たような症状がおきる

(image..flickr.com)

実は、お母さんだけではなく、お父さんも妊娠に似た症状が現れ始める可能性があります。

この現症はヴァーデ症候群と呼ばれ、お父さんにもつわりや、下腹部に違和感をもたらし、体重が増加してしまうという症例もあるのです。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け