タバコよりも体に悪い食べ物5選

 タバコが体に悪いことは周知の事実ですが、私たちが普段食べている食べ物の中にも、体に悪いものがたくさんあります。

 もしかしたら、あなたも今日気づかないうちに口にしているかもしれませんよ?

 今回はそんなタバコよりも体に悪い食べ物を5つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.コンビニ弁当

 体に悪い七武海の一角と言われるコンビニ弁当は、この世に存在する食べ物の中で最も添加物が組み込まれた食品と言っていいでしょう。

 夏の日に外に一週間以上出しておいても腐ることがなく、虫を寄せ付けることもありません。

 また売れ残った「コンビニ弁当」をリサイクルとして、家畜に与えたところ、死産や奇形の豚が生まれてきたという報告もあります。その時の養豚農家によると、透明なはずの羊水がコーヒー色に濁っていたのだそうです。

 人間に大きな被害をもたらしたという報告はありませんが、コンビニ弁当を食べ続けて栄養失調になっていたという例もありますので、コンビニ弁当をみくびるのは危険です。

2.チリ産の養殖サーモン

 サーモンが体に悪いなんて信じられませんが、「チリ産の養殖」というところがポイントです。

 サーモンの出荷量は、ノルウェーが1番多く、次いで多いのがチリです。

 2017年にオセアナ団体の調査によって、チリのサケ養殖場で、サケ1トンあたりに対して700グラム程度の抗生物質が投与されていたことがわかりました。

 出荷量1位のノルウェーのサケは、1トンあたりに投与される抗生物質の量が、わずか0.17グラムであることから、700グラムというのが、異常値だということがわかります。

 さらに、サーモンを寄生虫から守るために、養殖の全期間を通じて殺虫剤を投与することから、チリのサーモンを「薬漬けのサーモン」と言う人もいます。

 それを知っているため、地元のチリ人は決してチリ産のサケを食べることはありません。

3.ポテトチップス

 「じゃがいもだから大丈夫っしょ!」という気の緩みから、常食してしまうポテトチップスも非常に危険な食品の一つです。

 ポテトを揚げると、ジャガイモに含まれる「アスパラギン」というアミノ酸が、「アクリルアミド」に変化します。「アクリルアミド」は、本来、接着剤や塗料などとして使われる、発ガン性のある非常に危険な物質です。

 ちなみに、アクリルアミドが含まれている食べ物は揚げ物が多いのですが、フライドポテト:512~784 アジフライ:58 ポテトチップス:3544~ 467とポテトチップスが圧勝です。

 イギリスでは、ジーナ・ガフさんという当時22歳の女性がポテトチップスをほぼ三年間に渡り食べ続け死にかけるという事態に発展しました。

 あのカリカリ感が美味しいのはわかりますが、毎日食べるのはやめておきましょう。



スポンサードリンク

4.アイスクリーム

 食後に食べたくなるアイスクリームも、体に悪い四皇の一人と言われています。

 大量に含まれる砂糖は、あなたが折角食べた野菜のミネラルや、ビタミンを消費してしまいます。砂糖の塊というのも厄介ですが、アイスは非常に冷たく、それが冷え性や、肌荒れ、消化不良に疲労感を与えます。

 今のうちにやめておかないと、いつの日か冷たくなるのは、あなたの方かもしれません。

5.ドーナツ

(image..)

 砂糖をまぶすだけでなく、添加物を使い、揚げるという工程によって誕生するドーナツが美味しくないわけがありませんよね。

 ただし、やはり美味しいものにはそれ相応のリスクがあります。

 精製小麦粉、精製糖、そして油で揚げることは、どれも体には良くなく、急激に血糖値が上がることで、倦怠感を覚えます。依存性も強く、ドーナツを食べ続けると肌が糖化することで、ボロボロになることでしょう。

 ドーナツを買う前に、ドーナツ屋さんのお肌をチェックしてみるのもありです。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け