中国にある世界最高レベルの構造物6選

 中国では、バッタもんの商品や、どこかで見たことがあるような飲食店をちらほらみることができますが

 彼らは、ただ真似るだけではなく、いい部分を取り入れることで、驚くべき早さで、技術革新を起こしています。

 実際に、世界最大の人口を誇る中国には、世界一のモノもたくさんあります。

 今回は、あなたの中国のイメージを払拭する、中国にある世界一のものを6つご紹介します!



    スポンサードリンク

1.世界最速のスーパーコンピューター

(image..www.nationaldefensemagazine.org)

 モンハンの武器に出てきそうな名前の「神威・太湖之光」は、中国の誇る最新のスーパーコンピュータです。

 2016年6月に世界のスパコンランキングで1位となったこのコンピュータは、自国製のマイクロチップを搭載しており、72億人が同時にコンピュータを使って32年かかる計算を、1秒で行うことができる超爆速のコンピュータです。(計算速度:1秒あたり9京3,000兆回)

 そして驚くことに、2位も中国の「みんな大好き天河2号」が並びます。

 ついでアメリカのスーパーコンピュータが並んでいることから、中国のスーパーコンピュータが非常に優れていることがわかりますね。

2.世界で最も高い吊り橋

(image..j.people.com.cn)

 中国南西部・貴州省の山間部には、高さ565メートル、建物でいうと200階建ての高さになる、世界一の高さの北盤江大橋がかかっています。

 全長1,341メートルのこの橋は、約168億円を投じて作られました。この橋ができたおかげで、通常5時間以上かかっていた道のりが、約1時間に短縮されたそうです。

 565メートルの高さがあるため、橋の下には雲がかかっています。

 ちなみに中国には、全長約55kmの世界一長い「港珠澳大橋」もあり、香港、マカオとを結んでいます。

3.世界最大の望遠鏡

(image..www.sankei.com)

 2016年9月に完成した500メートル球面電波望遠鏡「FAST」は、自然の窪地を利用して4,450枚の三角形の反射パネルで作られている世界最大の電波望遠鏡です。

 その、能力は従来の電波望遠鏡の約10倍の探査能力があり、地球外生命体や未知の物質を見つけることができると話題になりました。

 しかし、スティーヴン・ホーキング博士は、「この望遠鏡に気づいた地球外生命体が人類に災難をもたらす可能性がある。」として批判的で、2017年に望遠鏡が初めて宇宙からの謎の信号らしきものを受信したとき、ホーキング博士は「絶対に応答するな!」と厳しい警告を発しました。



スポンサードリンク

4.世界最大の高速

(image..www.chinapictorial.com.cn)

 広大な土地の広がる中国の鉄道にも、たくさんの世界一があります。

 まず、中国には世界一長い2万2,000kmの高速鉄道網があり、「復興号」という高速鉄道列車は、世界最高の速度である350キロに対応しています。日本の新幹線の営業最高速度は時速285キロなので、かなりの速度で移動していることがわかりますね。

 中国はさらに、鉄道に力を入れており、2025年には高速鉄道の長さが3.8万kmに達すると考えられています。

5.世界最大のショッピングモール

(image..eedu.jp)

 2013年7月に中国にオープンした「ニュー・センチュリー・グローバル・センター」の大きさは、高さ100m、奥行き500m、幅400mの世界最大の多目的ビルです。

 中には、お買い物売り場や、ホテル、映画館に、スケートリンク、人工ビーチにフードコート、大学の施設があります。

 そのデザイン性には、賛否両論ありますが、中国の新しいランドマークになるのではないかと期待されています。



    スポンサードリンク

6.世界最大の水力発電所

(image..chinesestyle.seesaa.net)

 山峡ダムには34台のタービンが設置され、2,250万kWの発電が可能な世界最大の水力発電ダムです。

 三峡ダムができたことで、長江の洪水の抑制と、水量の調節が容易になったので、長江を利用する輸送船の物流が安定しました。

 しかし、あまりに大きすぎるダムの規模と、地質が脆い場所に作られたことによって、時折、地滑りやがけ崩れが発生するなどの問題も指摘されています。

 現在では、大きすぎるダム自体が新しい観光名所となり、経済効果を生んでいます。

 

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け