覚えるのが最も難しい言語6選

 あなたは日本語以外に何か言語をしゃべることができますか?

 「英語が難しい・・」と頭をひねっているかもしれませんが、世界的に見ると、日本語の方がずっと難しいんですよ?

 今回は、そんな世界で最も難解な言語を6つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.日本語

 私たちが普段くっちゃべっている日本語が、非常に難しい言語だと知っていましたか?

 よくよく考えてみれば、日本語は、ひらがな、カタカナ、漢字に分かれ、書き順までしっかりと決められています。それに加えて、方言や丁寧語などもあるため、覚えるのが最も難しい言語と言われています。

 また日本語は、「とても」や「すごく」「超」など、一つの意味を、たくさんの言葉で表現しますよね。

 これも日本に来た外国人を悩ませる原因になっています。

2.アラビア語

 日本にいても、たまーにアラビア語を見かけますよね。

 言語というより、洞窟に描かれた壁画のように見えますが、違いが見分けずらいため、勉強中は、辞典を引くのすら難しく、さらに右から左に書くので、日本人が一番覚えづらい言語とも言われています。

 例えば「السبانخ كاري 3 جبنة سبايسي تحتل 400 غ من فضلك.」は、 どういう意味かわかりますか?

 答えは「ほうれん草カレー3辛チーズトッピング400g頼む」です。

3.中国語

 人口約13億人が住む中国市場をビジネスにつなげるために、最近では多くの会社が中国語の研修を行っています。

 そんな中国語は、漢字ばかりなので、日本人であれば、なんとなく意味を感じ取ることができますよね。「漢字だけに!」

 中国語が覚えづらい一番の原因は、なんと言っても発音にあります。例えば、「很久以后我想吃叮当咖喱」これはなんといっていると思いますか?

 答えは、「ドラえもんカレー久しぶりに食べたいな」です。

 日本語にはない特異な発音なので、話すのには苦労しますが、覚えるのは楽しそうですね。



スポンサードリンク

4.フィンランド語

(image..www.independent.co.uk)

 ヨーロッパの北欧3国(ノルウェー、スウェーデン、デンマーク)の言語はよく似ていますが、550万人が住むこのフィンランドのフィンランド語だけは、他と全く異なります。

 例えば、「おはよう!」を意味する「good morning」は、ノルウェーでは(god morgen)スウェーデンでは(god morgon) 、デンマークでは(god morgen)となんとなく近しい単語なのに対し、フィンランドでは、「Hyvää huomenta」と言います。

 「おいおい上のチョンチョンどうやって発音すんだよ・・」って感じですよね。

 このような背景から、海外の人が作った「言語の覚えやすさを動物で表した画像」では、英語が猫ちゃんレベルなのに対し、フィンランド語は最高難度のゴジラになっています。

 英語って簡単なんですね。

5.アイスランド語

(image..twinavi.jp)

 アイスランド語も世界一難しい言語の一つと言われています。

 先ほど同様「おはよう」というシンプルな単語でも「Góðan dag.(ゴーザンダーク)」というハリーポッターの呪文のような言葉になります。

 例えば、「Er þetta feldur þykkur?」これはなんといっていると思いますか?

 答えは「このカツ衣厚くね?」です。

 呪文のような言葉が好きであれば、アイスランド語をマスターするのは楽しいと思いますよ。



    スポンサードリンク

6.コイサン諸語

(image..seafoodnet.info)

 南部アフリカに居住するコイ族とサン族が使う、「コイサン諸語」も非常に難しい言語の一つです。

 特徴としては、吸着音、吸打音、舌打ち音を使ってコミュニケーションをとります。吸う音だけで意思の疎通なんて信じられませんよね。

 日本で舌打ちを連発していたら、やばいやつだと思われかねませんが、吸うのに自信がある人は、コイサン諸語をマスターしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け