グッスリ眠れるようになる食べ物8選

 健康を保つには十分な睡眠時間が必要であり、18〜60歳の人で1日あたり最低でも7時間は睡眠を取った方が良いと言われています。

 睡眠不足の影響については研究が進んでおり、睡眠時間が短いと記憶力や認識力が低下するという実験結果もあります。

 一方で、睡眠の質を上げるために、寝る前に摂取するのが良いとされる食べ物があります。今回はその一部をご紹介したいと思います。



    スポンサードリンク

1.アーモンド

(image..www.providr.com)

 アーモンドには睡眠の質を高めるマグネシウムが豊富に含まれています。

 高齢者の約50%は不眠症に悩まされていると言われていますが、8週間、1日あたり500mgのマグネシウムを摂取し続けたところ、睡眠時間が増えたという研究結果もあります。

 

2.カモミールティー

(image..www.providr.com)

 ハーブティーの一種であるカモミールティーにはアピゲニンという成分が含まれており、これを摂取することで、不眠症に悩む人も日中の眠気や睡眠の質を改善できると言われています。

 28日間、1日に2回、270mgのカモミールを摂取した結果、入眠までの時間が15分短縮され、夜間の覚醒状態も抑えられたという効果が確認されています。

 

3.キウイ

(image..www.providr.com)

 過度な興奮や抗酸化物質の不足なども睡眠の維持に影響を及ぼすとされています。

 キウイにはリラックス効果や抗酸化物質不足の改善が期待されています。

 キウイには規則的な睡眠サイクルを支えるビタミンCが豊富に含まれ、4週間、1晩にキウイを2つ食べ続けたところ、入眠までの早さや熟睡状態の維持に改善が見られたという実験結果も得られています。

 

4.タルトチェリージュース

(image..www.providr.com)

 タルトチェリージュースもキウイ同様、リラックス効果や抗酸化物質不足の改善が期待され、良質な睡眠に効果的です。

 特に、不眠症の改善につながるメラトニンという成分が含まれ、これが睡眠サイクルに関係するサイトカインに作用し、睡眠の時間と質に良い影響を与えていると言われています。

 



スポンサードリンク

5.脂肪分の多い魚

(image..www.providr.com)

 眠れない夜に食べると良いとされるのが、サーモンなどの脂肪分の多い魚です。

 こうした魚には睡眠の質を高めるセロトニンを作り出すビタミンDなどの成分が豊富に含まれています。

 半年間、週に3回、サーモンを食べ続けたところ、睡眠の質が高まり、寝起きも良くなったという研究結果もあるほどです。

6.クルミ

(image..www.providr.com)

 クルミには19種類のビタミンとミネラルが含まれ、睡眠に効果的なマグネシウムやリンなども豊富です。

 また、クルミを食べることで、睡眠を促すホルモンとして知られるメラトニンが体内で作られます。

 さらに、クルミに含まれる脂肪酸には、睡眠の質を高めるセロトニンを増加させる効果があります。

7.パッションフラワーティー

(image..www.providr.com)

 不安は眠りを妨げますが、パッションフラワーには不安を和らげるアピゲニンという抗酸化物質が含まれています。

 不安を和らげるだけでなく良質な睡眠を求める人にも効果的で、パッションフラワーティーを飲んだ人がそうでない人よりもはるかに睡眠の質が向上したという実験結果も出ています。



    スポンサードリンク

8.白米

(image..www.providr.com)

 寝る1時間前に、白米のような血糖値を高める食べ物を食べるのもオススメです。

 血糖値の上昇で睡眠の質が高まると言われており、良質な睡眠と血糖値を高める食べ物の関係を調査した研究もあります。

 その研究では白米摂取後の睡眠の質が調査されましたが、白米を多く食べた場合に、長時間の熟睡など、良質な睡眠につながったことが証明されました。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け