外国人が日本にきてビックリすること6選 – 電撃ランキング

外国人が日本にきてビックリすること6選

 外国に行ってびっくりしたことはありませんか?

 例えば、食べ物の量が多いとか、値段が安いとかいろんなことがありますが

 実は、島国である日本の方が独特でおもしろい文化があふれています。

 今回は、そんな外国人観光客が日本に着てびっくりしたことを6つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.一人で電車に

 日本では、小学生くらいの子供が電車に一人で乗っているのをよく見かけますよね。

 「よくできた子供だなぁ」くらいにしか思いませんが、小学生が一人で電車やバスに乗るのは、海外では治安の問題上、滅多に見ない光景です。

 そのほかにも、外国人が日本に来てびっくりするのは、マスク率の高さです。

 外国人にとってマスクは病人の象徴なので、日本がなぜこれほどマスクをしているのか不思議で仕方がありません。

 でも確かに、なんであんなにマスクしているんでしょうね・・?

2.タバコが安い!?

 日本のタバコの値段がどんどん高くなっていますが、イギリスやアメリカではタバコが一箱1,000円以上、オーストラリアやニュージーランドに至っては、一箱2,000円以上もします。

 それらの国の人たちからすれば、日本に来て、タバコの値段に文句を言っているのは、不思議な光景に写るようです。

 またブラジルやイギリスでは、公共施設だけでなく、飲食店は全て禁煙で、日本のような喫煙スペースはありません。

 ちなみに日本のタバコの値段は、世界で51番目です。世界的に見ると、タバコは金持ちの嗜みなのかもしれませんね。

 

3.コカコーラ

 最近よく見かけるコカコーラクリアですが、実は日本限定で販売されていることを知っていましたか?

 というのも、日本は新しい物好きということで、コカコーラジャパンが、毎年アグレッシブに新しいコカコーラを生み出しているんです。なので、外国の人が日本に来たら、斬新すぎるコカコーラのバリエーションに驚くはずです。

 外国の友達に、コカコーラクリアをお土産に持って行ったら喜ぶと思いますよ!



スポンサードリンク

4.マンホールのデザイン

(image..muza-chan.net)

 足の下にあるので気付かないかもしれませんが、日本のあらゆるところにこうしたご当地の限定デザインを施したマンホールが使われています。

 私たちには普通のことでも外国人には、日本のおもしろい部分なんですね。

 

5.靴

 欧米人は、家の中でも靴をはいて生活しています。

 でも、日本にくると靴を脱がなければならない場所がたくさんあるので、外国人からすると「なぜ?」という疑問が上がるようです。

 ちなみに、トイレのスリッパも、欧米人を悩ませるものです。

 なぜトイレだけスリッパを履くのか、いや確かになんでなんでしょうね?



    スポンサードリンク

6.自動販売機天国

 日本の自動販売機のバリエーションの多さは群を抜いています。

 日本以外の国では、自動販売機では飲み物しか売っていませんが、日本ではたこ焼きにおにぎり、アイスに、お菓子、カップラーメン、プライドポテトなどあらゆるものが販売されています。

 その総数はなんと約500万台にもなり、これほど自動販売機だらけの国は他にありません。

 

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け