誰にも見つからない秘密の隠し場所8選 – 電撃ランキング

誰にも見つからない秘密の隠し場所8選

現代社会において、自分の財産が常に安全であるという保障はどこにもありません。

いつ何時、泥棒に入られるかもわからないこの時代だからこそ、しっかりと宝物の隠し場所は確保しておく必要があります。

今回は、普通の金庫よりハイレベルな秘密の隠し場所を8つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.石の中に隠す

(image..amazon.co.jp)

たまに玄関の、植木鉢の下に鍵を隠している人がいますが、それだと勘の良い泥棒に盗まれてしまいます。

そんな時には、鍵を隠す用の石、「RocLoc(ロクロック)」がおすすめです。この石の中に、鍵を入れて、庭の石ころに紛れ込ませておけば、誰もカギを見つけ出すことはできないでしょう。

自分も見失うというリスクがありますが、背に腹は代えられません。

7.換気口に隠す

(image..amazon.com)

絶対に宝物の「ブルーアイズ」を取られたくないという方にオススメするのが、換気口に貴重品を隠すという方法です。

ある会社が換気口の形をしたフェイク金庫を売り出しており、実際に組み立てて自宅に取り付けることもできます。この換気口は本物そっくりなので、中になにか入っているとは、誰も想像できません。

必要ならリフォームして取り付けるという方法もできます。

6.大量のカギを吊るす

(image..mrkate.com)

泥棒を困らせたいという方には、ワイヤーに大量のカギを吊るしてみるという戦法もありかもしれません。

ドアのロックを解除するために吊るされている何十もの鍵を、一つ一つ試していく泥棒が果たしているでしょうか?これは泥棒に強いストレスを与えるとともに、気が遠くなるような時間が、かかります。

もしこれで泥棒が本物のカギを見つけることが出来たら、全てを盗まれても文句は言えません。

5.キーボードの中に隠す

(image..cyberwarzone.com)

今や、一家に一台はあるキーボードですが、もし使わなくなった古いキーボードがあるのでしたら、思い切って、そのキーボードを隠し場所に変えてしまいましょう。

大きい貴重品用のスペースは、キーボード全体をくり抜きつつ、見た目はキーボードそのままを保ってください。

小さい貴重品用のスペースは、右の数字のキーパッドをくり抜きましょう。見た目は、ただのキーボードですから、誰からも疑われることはありません。



スポンサードリンク

4.レタスに隠す

(image..jeremywkerr.com)

何か高価なものを見つけようとして、レタスの中を探す泥棒が、果たしているでしょうか?いませんよね?。では、レタスに貴重品を隠してしまいましょう。

こちらのプラスチックでできた、レタス型の容器は、1万円程で購入することができます。値段を聞いてちょっと怯むかもしれませんが、1万円で安全が買えるのであれば安いものです。

レタスそっくりの容器を手に入れたら、貴重品を中に入れて冷蔵庫で保管すれば、まず見つかることはありません。

3.本の中に隠す

(image..greenrushdaily.com)

本の中に貴重品を隠すやり方は、映画やテレビなどでよく見かけますよね。バレバレなのでは?と思うかもしれませんが、本をたくさん持っている方ならきっとうまくいくはずです。

まず、本棚の中から、本を一冊選んで中をくり抜きます。そのあとは、貴重品を中に隠して、本棚に戻せば完成です。

本は読めなくなりますが、安全のためにはやむを得ません。

2.コンセントの中に隠す

(image…amazon.com)

運悪く泥棒に入られてしまった場合に、もっとも見つかりにくい場所の一つは、コンセントの中です。

こちらは、サウスウェストスペシャリティープロダクトで購入することができる、コンセント型の隠し場所です。このコンセントには、鍵をかけることもできるので、見つかったとしても、盗まれるリスクを最小限に抑えることができます。

是非、コンセントの中に貴重品を隠すことを検討してみてください。



    スポンサードリンク

1.消臭スティックに隠す

(image..shivaonline.co.uk)

大切なものを持ち運ばなければいけない場合は、消臭スティックのケースに隠すのがいいでしょう。

こちらのシヴァオンラインで購入することができる容器は、中に貴重品を入れて、キャップを被せることで、誰にも見つかることなく貴重品を運ぶことができます。

ゴミと間違えて捨てない様にだけ注意してくださいね。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け