危険な生活習慣8選 – 電撃ランキング

危険な生活習慣8選

私たちは人それぞれ異なった生活習慣で生きていますが、世の中には普通に見えることでも実際はやめておいた方がいいとされる習慣も存在しています。

今回は、そんな危険な生活習慣を8つ見ていきましょう!

案外、危険は身近にあるものです・・。



    スポンサードリンク

8.ワンちゃんとのキス

(image…shutterstock.com)

愛犬家の方であれば「ワンちゃんとのキス」は当たり前だという人もいると思いますが、やめた方がいいかもしれません。

犬の唾液が有害物質だと思っている人が多いかと思いますが、実は、危険なのは「犬の鼻」です。

ワンちゃんとキスするときは、犬の鼻に接触することになりますが、犬の鼻は、床や道路など思わぬところをクンクンしているため、バクテリアやウイルスなどの細菌まみれになっているのです。

7.SNSを見すぎる

一日中ツイッターをスクロールしているという方もいるのではないでしょうか?

ツイッターやFacebookなどのSNSをこまめにチェックすると、孤独や嫉妬などの感情が強くなり、自分の人生に不満を感じやすくなるという研究結果が出ています。

最近落ち込み気味だという方は、思い切ってSNSを自分の生活から断ち切ってみるといいかもしれません!

6.トイレで思いっきり気張る

トイレでついつい力いっぱい力(りき)みすぎてしまうという人は要注意です。

突然気張るというのは、血圧が高まり、心臓にとってかなりの負担になります。

特に年配の方は要注意で、脳卒中になった高齢者の20%はトイレで発生しています。

5.座りっぱなし

デスクワーカーの方に多いのが、一日中椅子に座って過ごしているという方です。

実は1日に6時間以上椅子に座っているという方は、寿命が約7年も縮まります。

私たちの体は座ることに適していないため、座るという行動自体が寿命を削る行為となっているのです。

1日10時間以上座っているという方は、こまめに立ち上がってストレッチしたほうがいいですね!



スポンサードリンク

4.雪かき

(image..)

雪が積もったら雪かきをしますが、毎年12,000人以上の人々が雪かきによって負傷し、2,000人以上の死者がでています。

主な原因は足を滑らせることではなく、心臓発作によって亡くなっているのです。

雪かきは、腕と足の負担が重く、この状態で冷たい空気にさらされると血液供給量が減るため心臓発作を起こしやすくなっているのです。

3.ハイヒール

(image..dailymail.co.uk)

ハイヒールは女性には欠かせないファッションアイテムの1つですよね!

一方で、歩きにくいことでも知られています。

毎年何十万人もの人々がハイヒールのせいで転倒し、病院送りとなったり、外反母趾(がいはんぼし)といった症状も多く報告されています。

2012年には、ハイヒールがエスカレーターの溝にはまってしまい、亡くなってしまうという事故も発生しました。

2.水の一気飲み

お酒の一気飲みが体に悪いことは、誰もが知っていますが、お酒に限らず、ドリンクの一気飲みは非常に危険です。

毎年何千人もの人々が、水を早く飲みすぎたり、飲む量が多すぎたりする事で亡くなっています。

特にマラソン会場などで、急いで「水を飲むこと」によって人が死亡するケースが多く報告されています。



    スポンサードリンク

1.コーヒーを大量摂取する

コーヒーを毎日ガブ飲みしている人をよく見ますが、コーヒーの飲み過ぎは「急性カフェイン中毒」となり、死亡した例も報告されています。

もちろん過度な摂取はなんでもダメですが、コーヒーを含むカフェイン飲料の飲み過ぎは、危険ですのでやめた方がいいですね!

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け