モテる男性とモテない男性のLINEの違い5選 – 電撃ランキング

モテる男性とモテない男性のLINEの違い5選

 好きな女性と知り合ってラインを始めると、どんどん相手のことがわかっていきますが、いっつもLINE止まりで終わっていませんか?

 もしかしたらお前のクソみてぇなラインのやり方に問題があるのかもしれませんよ?

 今日はそんなお前らの妄想をぶち壊す、モテる男性とモテない男性のLINEの特徴を5つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.知性

  ラインのやりとりで何気に大切なのが、言葉遣いです。漢字を使わずに、「ひらがな」だけのラインや「俺わ」などの文章が送られて来ると「コイツ・・馬鹿なのか?」と思われてしまいます。

 また、草を生え散らかすのも危険です。

 よく、「そうそうwwwwwwwwww」や「~だょ」「おはよぅ」などの若者言葉を使う人がいますが、好きな人とのやりとりでは使わない方が賢明です。

2.ナルシスト

 アイコンに自分の写真を設定すること自体は、何もおかしなことではありませんが、たまにカメラ補正アプリで撮ったものや、カッコつけすぎて「ホストか!」とツッコミを入れたくなるような「自撮りアイコン写真男」は危険です。

 そういう男は、総じてラインでも、「今の俺」と称して、様々な自撮り写真を送って来ることがあります。

 あまりのナルシストぶりにドン引きされる可能性があるので、あくまでも自撮り写真は自然体の方がいいでしょう。

 逆にモテる男性は、女性のアイコンの変化に敏感で、変わったら「アイコンかわった?」と気づくような気配りができます。

3.連絡がマメ

 モテない男子は、ラインの返事が早すぎたり、または1日2日連絡をしないなど返信のタイミングが極端です。

 早すぎる場合は、相手を焦らせてしまいますし、逆に遅い場合は、やる気がない、興味がないという印象を与えてしまいます。

 モテる男子は、まめなラインの返信を怠りませんが、即返信するというわけではなく、あえて少し待ってから返信します。



スポンサードリンク

4.返信しづらい

 モテない男子がやりがちなのが、「忙しいから無理だよね?」とか「今度、どこにいきたい?」などのすぐに返しづらいラインです。

 こういうラインをもらうと、相手に「めんどくさい人だな」という印象を与えてしまいます。

 それに対しモテる男は、「今度の日曜日、よかったら映画館でタイタニック見にいかない?」と何をするのかがイメージしやすく、また直感的に返信できるラインを送るように心がけています。

 こうすることで、相手のレスポンスも返って来やすくなりますし、より楽しくラインをすることができます。

 

5.文章量

 最後は、ラインの長さです。

 「うん」とか「わかった」、ラインスタンプだけの短い文章だとやはり素っ気なさを与えてしまいます。

 逆に文章が長すぎても見る側は疲れてしまいます。この場合は、相手より少しだけ多いくらいの文章量で返信をするのが効果的です。

 絵文字やスタンプも、相手が使っている場合はこっちも使うくらいの感覚でいいでしょう。

 

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け