結婚できる人とできない人の違い5選

 現在の生涯未婚率は、男性が23.37%、女性が14.06%となり、年々結婚離れが深刻になってきています。

 しかし、18歳〜35歳の9割以上の人が「いつかは結婚するつもり」だと答えており、実際は、結婚しないのではなく、結婚できない人が増えていることがわかります。

 今回は、そんな結婚できる人とできない人の違いを5つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.選択肢が多い

 デューク大学のダン・アリエリーは、選択肢が多くなればなるほど、パートナーに対して過度な選り好みをする傾向にあるといいます。

 もしあなたが彼女と結婚するかもしれないという時期に、新垣結衣似の女性と、石原さとみ似の女性から言い寄られたとしたら、どうでしょうか?

 結婚を迷いませんか?・・OK、わかりました。

 最近いい感じに連絡をくれる広瀬すず似の女性を追加しましょう。一度食事に行きたいとラインも来ます。しかも揺れるハートマークが2個もついています。

 さぁどうでしょう?結婚を先送りにしてしまうのではないでしょうか?

 逆に、モテなくて、彼女一直線の場合は、選択肢は多くありません。そのため、迷うことなく彼女と結婚に至る可能性が高いでしょう。

 多くの異性を知れば知るほど、あちらこちらに、目移りしてしまい、結果として結婚のタイミングを逃しがちです。

2.こだわり/完璧を求める

 結婚できない人は、こだわりが強い人が多い傾向にあります。

 朝食には、ドレッシングが8つ必ず必要だとか、お風呂は42℃ではないといけないとか、モンハンの武器は「ガンランス」意外認めないとかです。

 このようなこだわりを持つ人は、相手の生活にも影響を及ぼすため(洗濯物のたたみ方など)、相手は疲れ果ててしまい結婚には至らないでしょう。

 逆に多少のこだわりを持っていても、相手に譲歩する心のゆとりを持っている人は、結婚に近づきやすくなります。

 ただ、男女ともにニートやフリーターなどをしている人は、結婚する可能性が相対的に低くなります。

3.理想が高すぎる

 理想が高すぎる場合は、やはり結婚するのは難しいでしょう。

 例えば、女性の場合は、年齢が上がれば上がるほど、高収入の男性を望む傾向にあります。

 逆に男性は、料理が上手であったり、いつまでも若い見た目の美しい女性を求めます。

 しかし、あまりに求めるレベルが高すぎると、少しのことで、相手に幻滅してしまったり、そもそもそんな理想の人が現れないなどの理由で、結婚には至りません。

 逆に譲れない条件は2、3個ほどにして、寛容な目で相手を見れる人は、結婚に近づきやすくなります。



スポンサードリンク

4.自分で何でもできてしまう

 一人暮らしが長いと、なんでも自分でこなせるようになります。

 掃除を行い、料理をし、さらには、アイロンがけまでかけ始めたら、女性の立場がありません。

 「この人は私なんていなくても生きていける人だ・・」と離れていってしまうことでしょう。

 隙のない人間よりも、この部分はすごいけど、この部分はだらしないという人の方が、サポートをしてあげたい!という気持ちにさせるため、結果的に結婚に近づきやすくなります。

 完璧ではなくていいのです。

5.最後はタイミング

(image..)

 最後はタイミングです。まぁノリといってもいいでしょう。

 仕事の関係や、遠距離恋愛、夢を追うなど個人個人で、結婚を意識するタイミングは違ってきます。

 結婚適齢期に、タイミングを逃したばっかりに、結婚ができなかったという人もいます。

結婚する人は、計画的に行ったパターンや、彼氏彼女と別れた直後に、運命の人と出会うなどの、偶然を引き起こします。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け