金持ちと貧乏人の行動の違い6選 Part2

 お金持ちと貧乏人の行動は、180°違います。水と油のように、相反する世界がそこには存在しています。

 この話をすると、コメント欄が荒れまくりますが、まぁいいでしょう。

 今日は、お金持ちの「リッチ」、貧乏人の「ビン」の2人を例に、お金持ちと貧乏人の行動の違いを解き明かしていきましょう。



    スポンサードリンク

1.おいしい話に近づかない

 貧乏人の「ビン」は、美味しい話に目がありません。

 「今はこれが儲かるよ!これがいいよ。」と聞くとすぐに飛びついて大損をしてきました。

 逆に、お金持ちの「リッチ」は、今自分がしている仕事そのものが大好きだったので、おいしい話には興味がなく、話を聞いても近づこうとはしませんでした。

 例えると、ワンピースの著者である尾田栄一郎さんに、儲け話をするような感じですね。

 彼らは自分がやっていることが一番効率的だと考えているので、他の話に興味を示さないのです。

2.残業

 「ビン」の中の最優先事項はいつも「お金」でした。

 そのため、多くの時間を消費してでもお金を手に入れようと、残業をしまくりました。おかげで、残業代は増えましたが、多くの時間を失ってしまいました。

 「リッチ」の中の最優先事項は、「時間」でした。

 そのため、今の労働時間よりも短い時間で、今の給料分を稼ぎ出すために、必ず定時で帰り、空いた時間で、新しいことを学んだり、スキルを身につけようとしました。

3.靴と腕時計

 「ビン」は、靴が汚いことには目がいかず、ジーンズや、スーツ、髪型などに気を使っています。

 「リッチ」は、服は大したことがないのですが、腕時計と靴だけは、綺麗にお手入れされていました。特に、靴は、その人の人となりが出ることを知っていたので、入社して初めてのボーナスで無理をして高価なものを買いました。



スポンサードリンク

4.月曜日が待ち遠しい

 「ビン」は、土日が天国で、日曜日の終わりには、「サザエさん」を見てブルーな気持ちになります。そして、また長く苦しい平日が始まります。

 「リッチ」は、仕事そのものを楽しんでいるので、日曜日の終わりはワクワクし、月曜日を待ち遠しく感じていました。もちろん、「休日」も楽しんでいましたが、頭のどこかでは、常に仕事のことを考えていました。

5.安物を買わない

 貧乏人の「ビン」は、コンビニで物を買うのが好きで、部屋中に買ってきた商品の袋や、飲みかけのペットボトル、漫画などが散乱していました。

 逆に、お金持ちの「リッチ」は、コンビニで買い物をすることはほとんどありません。部屋は綺麗に整っていて、物は少なく、デスクには、仕事道具以外、無駄なものが一切ありません。

 「リッチ」の部屋が綺麗なのは、掃除をしていることもありましたが、普段から「安物を買わないと決めていたこと」が、部屋が物でごちゃごちゃしない理由でした。



    スポンサードリンク

6.付き合い

(image..)

 「ビン」は、誰とでもすぐに連絡を取って土日は、友達と仲良く遊ぶのが楽しみでした。仕事終わりも、同僚と食事へ行き、声がかかると何処へでも行きました。

 「リッチ」は、「自分よりも優れた人としか付き合いたいと思っていたため、付き合う人を選んでいました。」そのため、同僚でも一握りの人としか、会うことがありませんでした。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け