映画館スタッフが隠している秘密6選 – 電撃ランキング

映画館スタッフが隠している秘密6選

 映画館で映画を見るのは本当に楽しいのですが、あのカーテンの裏側に何が隠されているのかを知っていますか?

 実は、映画館には様々な苦労や裏の秘密が隠されています。

 おそらくこの動画を見終わった頃には、誰もが映画館に行きたくてたまらなくなっているはずです。

 今回は、そんな映画館スタッフが隠している秘密を6つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

6.広告をたくさん見せられる

 なんだか、映画の前のCMや、映画の宣伝が多いなぁと感じたことはありませんか?

 実は、映画館の大きな収入源の一つが、映画の前に広告を流すことなのです。

 この映画の前のCMは、年々長くなっており、本編の上映までに、20分ほどかかる映画館もあります。

 しかもこの広告、YouTubeのようにスキップがありません。このままいくと将来は、映画の前に、30分のCMが流れるようになっているかもしれません。

 まぁでも、あの予告編・・結構面白いんですけどね。

5.映画をタダで見ることができる

 映画館スタッフは、3Dメガネを渡したり、ポップコーンの販売や掃除などを行いますが、その仕事が終わったら、好きな映画を無料で観ることができます。

 これは実際に映画を見ておくとお客様の質問にも答えることが出来るということで、推奨されているのです。

 最新の映画が見放題というのは、いいですね!

4.ポップコーンが高い

 先ほど、映画の前のCMが、映画館の大きな収入源になっていることを伝えましたが、もう一つ映画館の大きな収入源があります。

 それは、ポップコーンです。

 すでに映画館の定番商品として定着したポップコーンですが、実は、映画館の収入源の40%以上がこのポップコーンによってもたらされています。

 利益率がエグいことになっているポップコーンですが、塩やキャラメルなどの芳醇な香りを出してきやがるおかげで、買わずにはいられません。

 なぜ、映画館は、これほどまでにポップコーンを売りたいのでしょうか?

 実は、映画のチケット料金は、ほとんどが映画配給会社に持って行かれてしまうため、それほど旨味はありません。

 そのため、利益率の高いポップコーンが売れないと、映画館は潰れてしまうかもしれないのです。

 みんなもポップコーン買いましょうね!



スポンサードリンク

3.映画館は清潔ではない

(image..business.time.com)

 赤くて綺麗な映画館の座席に深々と腰掛けていますが、実は映画館の座席は思っているより汚れています。

 映画館では、映画と映画の短い時間しか座席を清掃をすることができません。

 そのため、サッとチェックして、軽く清掃をするくらいしかできないのです。

 人によっては、ポップコーンやジュースをこぼし、ガムの包み紙が残された座席もあるかもしれません。

 これからは、座る前に一度チェックしたほうがいいでしょう。あと映画を観終わったら、しっかりとゴミを持って出ましょうね!

2.音

 音量の大きさにびっくりしたことはありませんか?

 映画業界の標準音量は85デシベルが推奨されていますが、これを守るかどうかは映画館側に任されています。

 そのため、90db以上の大音量で、上映している映画館も少なくありません。

 耳の専門家によると、90デシベル以上の音を聞くことは耳に良くないようなので、あまりにうるさい場合は、ポップコーンを片手に、映画館スタッフに音量を下げるように言ってみてください。

 おそらく音が思ったよりも小さくなるはずです。



    スポンサードリンク

1.料金

(image..prtimes.jp)

 なぜ映画の料金は¥1800なのでしょうか?

 今まで色々と映画館側の裏の苦労を説明してきましたが、すべてどうでもよくなりました。

 シンガポールでは¥800、アメリカでは、身長2mのバスケット選手が座っても料金が¥1000を超えることはありません。

 もうこれは我慢できません。

 みんなでポップコーン片手に映画館に乗り込みましょう。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け