ガムを飲み込んだらどうなるのか? – 電撃ランキング

ガムを飲み込んだらどうなるのか?

 小さい頃、ガムを飲み込んだら、ガムの木がお腹から生えてくるとか、ガムが何年間もお腹にくっついたままになるとか聞いたことがありますよね。

 いずれにせよ、皆さん、ガムは呑まない方がいいと教えられてきたはずです。でも、それは本当なのでしょうか?

 今日はそんなガムを飲み込んだらどうなるのかを解き明かしていきましょう!



    スポンサードリンク

・体は異物!?

 私たちが普段食べ物を噛んでいると、唾液がでてきますよね。

 唾液の中には、酵素が含まれており、咀嚼するのに合わせて、食べ物を分解しようとします。

 その後、食べ物を飲み込むと、胃の中のタンパク質と酵素が、さらに細かく食べ物を分解し、必要な栄養素だけが腸で吸収され、必要ないと判断されたものは、排泄されます。

 しかし、ガムはどれだけ噛んで、唾液を含ませても分解されません。ガムは、口に入った時点で、すでに異物なのです。

(image..kwsklife.com)

・ガムの正体

 そもそもガムは、何でできているのでしょうか?

 ガムの原料は、サポジラという木の樹液から取ったチクルという、天然樹脂が使われています。

 まぁこれは、少し昔の話で、現代のチューインガムには、チクルの特徴を持ったプラスチックの仲間である「酢酸ビニル樹脂」が使われています。

 この酢酸ビニル樹脂を元にガムベースを作り、そこに甘味料と香料を加えると、私たちのよく知っているチューインガムが出来るのです。

 したがって、ガムを呑み込むということは、プラスチックのようなもの(酢酸ビニル樹脂)を呑み込んでいることになります。

 そう聞くと体に悪そうですよね。

(image..haitianphotos.com)



スポンサードリンク

ガムは体の中でどうなるのか

 さて、このプラスチックもどきのガムを飲み込むと、私たちの体は、それを排出しようと働き始めます。

 筋肉の収縮によって、飲み込まれた食べ物は、ガムであろうが、よっちゃんイカであろうが、消化管の中をスムーズに下っていきます。

 この時に、ガムの粘り気によって、腸内にへばり付くのではないかと不安になりますが、体内は暖かく湿っているので、ガムは、柔らかくなり、スムーズに流されていきます。

 そして、最終的には、他の排泄物と混ざって排出されます。

 しかし、たくさんのガムを飲み込み続け、運命のいたずらにより、腸内に引っかかったとしましょう。それでも、ガムは油分で溶けるという特性を持っているので、チョコレートや焼肉、ピザやあなたたちの大好きな唐揚げ定食を食べれば、溶けてなくなるはずです。

 つまりガムが体内にへばり付くことはありませんし、二郎系ラーメンなどの油分の多い食べ物を食べれば、溶けてなくなります。

・結論

 ということで、ガムは飲み込んじゃってOKでしょう。

 あ、でも特大サイズの粘り気の強いやつを、毎日食べると、もしかしたら、喉に詰まらせたり、腸閉塞などを引き起こすかもしれませんね。

 まぁでも現実的にガムを飲み込んで起こった病気や事故は、ありませんのでご安心ください。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け