もし全員がベジタリアンになったら何が起こるのか?

 あなたはベジタリアンですか?

 ベジタリアンとは、菜食主義者、つまりお肉を食べずに、植物性の食品のみを食べる人のことです。

 もし全員がベジタリアンになったら、KFCは、全店舗撤退を余儀なくされますが、それ以外にも様々な変化が起こります。

 今回は、もし全員が、ベジタリアンになったら何が起こるのかを解き明かしていきましょう!



    スポンサードリンク

1.ベジタリアンの数

 まずは、ベジタリアンの割合から見ていきましょう!

 ベジタリアンは、世界に約7億人程度しかいません。宗教を理由に肉食を避けることが多いインドでは、人口の30%、約3億5千万人がベジタリアンです。日本のベジタリアンは、約630万人程度だと考えられています。

 では、地球上の全員がベジタリアンになると・・まず、家畜の必要性がなくなります。

 現在、地球上には、200億羽の鶏、15億頭の牛、10億頭以上の羊、10億頭近くの豚が存在しています。そして、3,300万平方キロメートルという広大な土地が家畜を育てるための牧草地として利用されていますが、家畜がいなくなり、そして、一気に空き地が増えると、多くの土地が、農耕に使われたり、もしくは、自然豊かな、森や草原になることでしょう。

2.環境への影響

 また、牛が出すげっぷやおならに含まれるメタンガスは、二酸化炭素の25倍も温室効果があると言われています。

 このことから、緑が増えて、家畜がいなくなれば15%温室効果ガスを削減できると考えられています。

 これは、地球上から飛行機・電車・車をなくすよりも大きな効果で、科学者の中には温暖化に歯止めをかけるための戦略として肉食を減らす方法を提唱している人もいます。

3.肉を作るには

 また、お肉を作るのには、大量のお水が必要です。

 牛肉1kgのために使われる水の量は、20,000リットル。豚肉の場合は6,000リットル。鶏肉の場合は4,000リットルです。

 1kgのトウモロコシをつくるには、約2,000Lの水で済みます。ちなみに、牛丼一杯をつくるためには、1,890リットルの水が必要になります。

 世界では、現在10億人が、水不足に苦しんでいますが、今後10年で、世界の3分の2が、水不足に悩まされると考えられています。

 こういった問題も、家畜がいなくなることで、解決するのではないかと考えられています。



スポンサードリンク

4.実際に全員がベジタリアンになったら

 また、地球上の全員がベジタリアンになることで、レザーや動物の脂を使った化粧品などが高騰します。

 おそらく牛革レザーは、庶民には手にすることのできないような高級品になっていることでしょう。焼肉屋さんやKFCは、軒並み潰れ、オーガニックで、野菜中心のお店が増えます。

 また、家畜によって生計を立てている人々が、農耕に転向したり、もしくは、牛乳や卵の出荷に専念したりなど、変化を余儀なくされるかもしれませんね。

 ベジタリアンになることで、人だけでなく地球にとっても大きな変化が起こることがわかりましたね。

 にしても・・お肉・・美味しいですよね・・。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け